1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

非常に強い致死性の猛毒であるジョウゴグモの毒から、脳卒中に起因する脳のダメージを抑える可能性があるという成分が発見された(AFP、PNAS掲載論文)。 03/25 11:42

血管は全身の様々な臓器や組織に備わっており、その形成・維持はもちろん、がん、創傷治癒など様々な病態においても多彩な役割を果たし、ヒトの生老病死の全ての過程に深く関与している。 03/25 11:06

最近、メタボリックシンドロームによる健康障害が急増する中、脂肪を燃焼させる組織である褐色脂肪組織に関する研究が進んでいる。 03/25 11:05

岐阜大学と澤藤電機が共同で、アンモニアから水素を製造する装置を開発したと発表した(発表PDF、岐阜新聞)。 03/24 16:57

ドイツの研究者らの解析によって、ドリアンの臭いの元となっている成分が見つかった。 03/23 16:54

東急電鉄とパナソニックが、LED照明の発する光に信号を載せてスマートフォンに情報を伝達するシステムの実用化に向けて共同で新会社を設立する(ITmedia)。 03/23 11:46

左が普通に高カロリー食を与えたマウス、右はそれに加えフコースを与えたマウスの内臓脂肪(紫色の部分)。顕著な違いが分かる。(画像:東京大学発表資料より)

世に、「これを食べただけで痩せる」だの「これを摂れば太らない」だのと謳い上げた商品は山とあるが、多くは気休めか実際には効果がないものだ。 03/22 11:56

脳の老化は人によって異なり、約3分の1の人はそれ以外の人よりも速く老化が進むということが確認されているそうだ。 03/22 11:39

新ネットワークシステムのプロトタイプ機。(写真:産総研発表資料より)

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)のデータフォトニクスプロジェクトユニットを中心とした研究開発チームが、光スイッチによって光信号を電気信号に変換せず光のまま交換し、既存の通信システムと比べて圧倒的な超大容量・超低電力消費・超低遅延を実現する、新たな普及型情報通信ネットワークシステムの開発に成功した。 03/21 11:51

東日本大震災にともなう大津波が東北地方を襲ってから、約6年の歳月が流れた。 03/20 14:16

米スタートアップ企業のMemphis Meatsが15日、細胞の培養による鶏肉と鴨肉の製造成功を発表した。 03/20 07:39

ヒトiPS細胞から作製した血管内皮細胞(京都大学の報道資料より)

京都大学の研究グループは、ヒトの多能性幹細胞(iPS細胞)から極めて高い効率で血管内皮細胞を作成する技術を開発した。 03/19 17:15

筑波大学が、「時間結晶」の室温観測に成功したと発表している。 03/17 18:37

国土地理院が3月15日、日本の重力値の基準を40年ぶりに更新したと発表した。 03/17 18:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告