1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

ニュース一覧

サイエンスの記事

スマートフォンなどに使われるリチウムイオン電池の過熱・発火事件が相次いでいるが、スタンフォード大学の研究者らが「消火機能」を内蔵するリチウムイオン電池を開発したそうだ(iPhone Mania、Science Advances誌掲載論文、Slashdot)。 01/20 10:09

東北大学らの研究グループは、「両親からの遺伝子を受け取るにも関わらず、子供に発現する性質は一方のもののみ」というメンデルの「優性の法則」として知られる現象について、優劣関係を決定する新たな仕組みを世界で初めて明らかにしたと発表した。

東北大学らの研究グループは、「両親からの遺伝子を受け取るにも関わらず、子供に発現する性質は一方のもののみ」というメンデルの「優性の法則」として知られる現象について、優劣関係を決定する新たな仕組みを世界で初めて明らかにしたと発表した。 01/19 12:03

各地で自動運転バスの走行実験が行われている。秋田県では初めて公道を無人で走行する実験に成功。名古屋市では基幹バス路線に自動運転バスの導入を検討している。実用化もそれほど遠い未来の話ではないのかもしれない。

昨年ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがオランダにおいて自動運転バスの公道テストを行ない、時速20キロメートルの走行に成功し話題になった。 01/19 11:57

Pendred症候群は進行性の難聴やめまい、甲状腺腫を引き起こす病気である。 01/19 09:04

東北大学らのグループは読話効果における処理に聴覚野が重要な役割を担っていることを明らかにした。

騒音のなかで話を聞き取るときや、聞きなれない外国語などを聞き取るときなどには、無意識に話し手の口唇の動きを読む「読話効果」が利用されている。 01/17 11:50

紀州ミカン、ユズ、ダイダイなどを親とする品種の系統図。(図:京都大学発表資料より)

京大などの研究グループが、最新の遺伝解析技術を用い、60品種以上の柑橘類の遺伝的系統関係を明らかにした。 01/16 08:56

デンソーは、自動車の技術を転用して、肌に有害な紫外線を特殊な波長の赤色光に変換することで肌が若返る日傘を試作した

携帯電話が軍事用無線技術の転用により開発されたように、本来の目的以外への技術転用により開発された優良プロダクトは数多くある。 01/16 08:49

GfKジャパンは、全国のドライバー12,745名に対し、コネクテッドカー(近未来の自動車)に関するインターネット調査を実施した。 01/15 21:56

ロームとラピスセミコンダクタが1月10日に発表した高精細液晶パネル向け機能安全導入車載チップセット。パネルの大型化・高精細化に対応できるだけでなく、液晶パネル向けデバイスのエラー検出を行うことで、液晶パネルのエラーによる事故を未然に防止する。

2017年の日本経済を考える上で欠かせないのが自動車産業の動向だ。 01/14 23:00

理化学研究所生命システム研究センターらの共同研究グループは、生物の多くが持っている24時間周期のリズム(概日時計)の周期の長さを決定するのに、タンパク質の特定の領域が関わっていることを明らかにした。さまざまに機能を変化させたタンパク質を持つ遺伝子改変マウスを並列的に作製する手法「遺伝子導入マウス個体高速作製法」を確立。

理化学研究所生命システム研究センターらの共同研究グループは、生物の多くが持っている24時間周期のリズム(概日時計)の周期の長さを決定するのに、タンパク質の特定の領域が関わっていることを明らかにした。 01/14 22:58

眼球と網膜の構造。網膜色素変性症の患者は4,000人から8,000人に一人ほどの割合で存在すると言われる。(画像:理研発表資料より)

理化学研究所(以下、理研)の研究チームが、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から網膜の組織を作成、末期の網膜変性症のマウスにこれを移植し、視覚機能を取り戻させることに成功した。 01/14 11:58

昨年、ブログで大学の研究予算に関するデータの公開や意見募集を行った河野太郎議員が、「科学技術振興予算は今後、増えません」との旨をブログで述べている(ITmedia)。 01/12 16:49

米海洋大気局(NOAA)は2015年、1998~2014年に起きた温暖化が一部見過ごされていたという発表を行ったのだが、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)のZeke Hausfather氏らの研究チームが、これを裏付ける研究論文を発表した(Science Advences形成論文、AFP)。 01/11 09:08

脳の断面図と各部名称。延髄は小脳の真下にある。

ヒトの脳の中で、飢餓状態が起こった時に、身体全体にそれに備えるための反応を引き起こす回路が、延髄の網様体と呼ばれる部位にあることを名古屋大学などの共同研究グループが明らかにした。 01/08 10:51

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告