1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 雇用・就職・労働(1)

雇用・就職・労働の記事一覧

文部科学省は17日、今年3月の高等学校卒業予定者(全日制及び定時制の国立、公立、私立の高等学校)の昨年12月末時点での就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)が、前年同期比0.9ポイント増の90.9%になったと発表した。 02/18 11:58

KDDIの労働組合が、契約社員についても正社員と同じ形式でボーナス(賞与)を支給するよう会社に要求するとのこと。 02/18 11:41

2017 年の景気は、「悪化」や「踊り場」局面になると考える企業が前年から減少したうえ、「分からない」が過去最高となるなど(「2017 年の景気見通しに対する企業の意識調査」)、先行きが一段と見通しにくくなっている。 02/16 09:03

米シリコンバレーのテック企業は多くの外国人労働者を受け入れており、米トランプ大統領の入国規制などに反発する姿勢を見せている。 02/15 18:02

安倍晋三総理は14日開いた働き方改革での長時間労働是正の法改正の在り方について「皆様全員の賛同を得て初めて成案として出したいと思っている」とし「労働側、使用者側には、しっかりと合意形成していただく必要がある。 02/15 17:51

求人数は前月比プラス0.1%、前年同月比プラス23.4%ととなり、26カ月連続で過去最高値を更新

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は13日、17年1月の転職求人倍率が前年比マイナス0.58ポイントの2.35倍になったと発表。 02/14 09:15

求人求職情報サービス提供のエン・ジャパンが「ワークライフバランス」についてアンケート調査を実施。雇用形態別にワークライフバランスや勤務時間・勤務日数に対しての評価を示している。雇用形態別に現在のワークライフバランスについてたずねたところ「良い」という回答がもっとも多かったのは「派遣社員」で47%となった。

安倍政権が進める働き方改革の焦点が長時間労働是正に向けられている。 02/07 16:47

厚生労働省が6日発表した平成28年の毎月勤労統計調査の速報値で、実質賃金は平成22年を100とした場合、95.3と前年の94.6に比べ0.7%増え、5年ぶりにプラスになったことが分かった。 02/07 11:36

厚労省「仕事と生活の調和のための時間外労働規制に関する検討会」は論点整理の中で、1日単位の休息期間を確保する「インターバル規制」について「睡眠時間の確保、疲労蓄積を防ぐ観点から重要な考え方だ」としながらも「企業活動や業務の繁閑と両立させるノウハウ・好事例の提供などの支援を通じて、企業自らがこれを導入することを促していくべき」とし、企業の自主性に依拠。 02/02 09:09

塩崎恭久厚生労働大臣は31日の記者会見で昨年1年間の有効求人倍率が1.36倍となったと語るとともに「雇用情勢は今後も改善することを期待しているが、引き続き、雇用の質の改善をしっかり実現していかなければならないと思っている」と質の改善にも言及した。 02/02 09:06

高市早苗総務大臣は31日、労働力調査の結果、12月の完全失業率は季節調整値でみると3.1%と前月と同率となった。 02/02 09:05

民進党の蓮舫代表は30日、参院予算委員会での質疑を終えての記者会見で「長時間労働の上限について、(マスコミが一斉に報じたところでは)繁忙期で100時間、あるいは2カ月連続80時間だったので『過労死ラインをほぼ認める方向で検討しているのか』と確認したのに、総理は全くお答えにならなかった」と総理の、本気度に疑問を呈した。 01/31 08:47

政府は「働き方改革」の一環で副業や兼業の推進を検討。ロート製薬が副業を認めたり、サイボウズが副業したい人材の採用を開始したりするなど、副業に対する価値観が変わりつつある。

生活費やお小遣い稼ぎのために副業をしているサラリーマン諸氏も多いのではないだろうか。 01/31 08:44

多様な産業でデジタル化が進展する結果、IT人材をめぐる熾烈な競争が生まれている。既に、国内のIT人材の不足は深刻だ。

多様な産業でデジタル化が進展する結果、IT人材をめぐる熾烈な競争が生まれている。 01/28 21:24

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告