トヨタ、テスラ株を全て売却、協力関係からライバル関係へ

2017年6月4日 21:16

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 日本経済新聞が報じたところによると、トヨタ自動車が米電気自動車メーカー、テスラの株式を全て売却していたという。2016年3月時点でテスラの1%超にあたる約234万株を保有していたが、2016年末までに全て手放したという。

【こちらも】トヨタ方針変更か?環境対応車にEV、2020年ごろの発売目指す

 トヨタは2010年にテスラに5千万ドル(約55億円)を出資し、約3%の株式を取得していた。2012年にはテスラのリチウムイオン2次電池を搭載した多目的スポーツ車(SUV)「RAV4 EV」を発売し、協力関係は好調かのように見えた。しかし2014年にはテスラからの電池調達を中止、公式には特に発表のないまま「RAV4 EV」の販売も終了した。その後テスラ株も一部売却し、15年以降は実質的な協業関係はなくなっていた。

 出資の際に豊田章男社長は、ベンチャー企業と協業することで、「チャレンジ精神」や「意思決定のスピード」、「柔軟性」を学びたいという点を提携決断の理由として挙げているが、互いの方針に違いがあったようだ。

 米カリフォルニア州で二酸化炭素排出規制が強化され、また中国では優遇策を採るなど、自動車業界ではEVへのシフトが起こっている。テスラとの協業路線から、独自開発路線へと舵を切ったトヨタは、2016年12月に社内ベンチャーである「EV事業企画室」を立ち上げた。それまでトヨタはハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、EVなど全方位的に開発を進め、なかでもFCVの開発を重点的に進めていた。しかし国や地域ごとに異なる環境課題やインフラがあり、規制強化も進んでいることから、EVへも早期に商品投入していくことを目指す。

 そんな中テスラ日本法人は3日、愛知県・名古屋市に国内6店目となる直営店をオープンした。新店舗は整備工場を併設し、プレミアムセダン「Model S」、SUV「Model X」の試乗も可能だ。時価総額でGMを抜いたテスラは自動車業界において存在感を放つ。トヨタにとっても強力なライバルとなったテスラが、日本でトヨタの牙城に切り込む形だ。(高橋珠実)

関連キーワードトヨタ自動車SUVハイブリッド車電気自動車名古屋中国燃料電池プラグインハイブリッドテスラモーターズ

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース