月は地球への連続した小惑星衝突によって生まれた、という説

2017年1月11日 16:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 月は地球に小さな天体が複数回衝突した結果生まれた、という新たな説が発表された(Nature Geoscience誌掲載論文AFP)。

 月の起源としては、直径が地球の約半分程の惑星が地球に激突して生まれたというジャイアント・インパクト説が有力とされていた。しかし、この説では月の組成が地球の組成とほぼ同じ理由を説明できないという。

 今回発表された新説は、複数の小さな天体が地球に衝突し、それらの破片が集まって月になった、というもの。この説では月の成分が地球の成分とほぼ同じである理由が説明でき、コンピュータシミュレーションにとってこの説の妥当性も確認されているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス |

 関連ストーリー:
地球の生命は41億年前から存在していた? 2015年10月23日
地球への隕石衝突はそれなりの頻度で発生している 2014年04月28日
地球はかつて、2つの月を有していた? 2011年08月04日
アポロ観測データの再分析で、月内部に地球に似た核の存在が判明 2011年01月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース