1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > ヤマト運輸(1)

ヤマト運輸のニュース一覧

(c) 123rf

ヤマト運輸が12月の実績を発表、同社の宅急便の取扱数量が3カ月連続でマイナスとなる一方で、日本郵便のゆうパックの取り扱い数量は急激な増加を続けている。 01/12 17:53

静岡市と佐川急便の包括協定を締結の様子。田辺信宏静岡市長(左)と、内田浩幸佐川急便取締役。(写真: 佐川急便の発表資料より)

このところ、宅配便などの物流会社と地方自治体との間で、相次いで提携する動きが活発化している。 12/30 21:39

オープン型宅配便ロッカーPUDOステーション(写真: ヤマト運輸の発表資料より)

ヤマト運輸とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は25日、相互にそれぞれのサービスの連携を図っていくと発表した。 12/26 06:57

(c) 123rf

アマゾンに象徴されるネット通販の急拡大が、大きな要因と指摘された。 12/03 11:40

オープン型宅配便ロッカー、屋内型のイメージ。(画像: 小田急電鉄の発表資料より)

小田急は、2017年11月28日に、新たに16駅に「オープン型宅配ボックス」(PUDOステーション)を開設する。 11/22 20:52

(c) 123rf

日本生命保険の調査によると、業種で1日の労働時間に大きな差があることが分かった。 11/15 19:16

【大前研一「企業の稼ぐ力を高める論点」】賃金を上げて潰れる企業は需給バランスが取れていない。労働力不足を解決する方法

【連載第5回】今、日本企業の「稼ぐ力」が大幅に低下しています。 11/13 19:03

次世代物流システムの市場規模(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済は28日、AIやIoTにより物流業務の自動化が進む次世代物流システム・サービス市場の調査結果を発表した。 09/29 20:18

ファッション系通販サイト「LOCONDO.jp」が、「急ぎません。 09/21 07:21

西米良村での定期輸送開始式典の様子(写真: ヤマト運輸株のプレスリリースより)

ヤマト運輸と宮崎交通は15日、日本初の路線バスを活用した「客貨混載」にて農水産品を海外に輸出することを発表した。 09/16 17:15

配送作業を行う人員の労働環境悪化を受けて、ヤマト運輸は宅配便の値上げおよび荷受量の削減を計画していたが、値上げによる荷受量の削減が予想を下回っていたとして、ヤマト運輸が削減計画を下方修正したという(朝日新聞)。 09/08 21:44

昨今では派手な演出を備えたパチンコ・パチスロ遊技機が増えているが、そのために遊技機の重量が増加しており問題となっているという(パチンコ・パチスロ情報島)。 08/19 11:29

国土交通省は2016年度の宅配便取扱個数の実績が7.3%増加であったことを発表。年間40億個以上の荷物を捌かなければ行けない状況で、業界のあり方を考え直すターニングポイントに差し掛かっているのかもしれない。

国土交通省は2016年度の宅配便取扱個数が40億1861万個で、前年度と比較して7.3%の増加となったことを発表した。 08/14 21:40

実験の実施ルートと実験用のコンテナ(写真: ヤマト運輸の発表資料より)

ヤマト運輸は3日、物資輸送における水上バス活用に向け、東京都ならびに東京都公園協会と共同で実証実験を行うと発表した。 08/04 08:38

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告