ミニストップ、糖質をコントロールしたパンとスイーツを発売

2018年1月8日 08:59

小

中

大

印刷

「ハム&チーズパオ(写真:ミニストップの発表資料より)」

「ハム&チーズパオ(写真:ミニストップの発表資料より)」[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ミックスベリーレアチーズ(写真:ミニストップの発表資料より)」
  • 「バジル&チーズショートパスタサラダ(写真:ミニストップの発表資料より)」

■毎日の食事から健康を応援

 ミニストップは手軽に購入できる健康応援食品として、1月9日から糖質をコントロールしたパンとスイーツを発売する。同時に軽い主食となるサラダも販売、健康を気遣うユーザーのニーズに応える。

【こちらも】ナチュラルローソン、発酵食品を使ったフェア開催 1月4日から

 商品は、茶碗1杯分の糖質「55グラム」を基準にして開発。毎日食べても飽きることのないように具材感がある厚切りハムを使い、美味しさにも満足できる商品に仕上げた。なお、スイーツは東北地方のみ10日からの発売となる。(価格はいずれも税込)

■糖質コントロールパンとスイーツ

 「ハム&チーズパオ」(128円)
 しっとりとした中華まん生地に、厚切りのハムとチーズフィリングを包んで蒸し上げた。ハムやチーズの食感を保ちながら、糖質量は1個あたり22.1グラムに抑えている。

 「全粒粉を使ったハム&トマト」(118円)
 ハムとトマトフィリングを全粒粉入りの生地に包み、シュレッドチーズをトッピングして焼き上げた。糖質量は1個あたり24.9グラム。この商品は東北と関東のみでの発売となる。

 「ミックスベリーレアチーズ」(200円)
 レアチーズムースにクリームを絞って、ベリーゼリーを添えたもの。さっぱりとした食感を楽しめるスイーツだ。エリスリトールを除いた糖質量は1個あたり7.7グラム。

 「3種のチーズケーキ」(180円)
 コクのあるベイクドチーズ生地には、クリーム、ゴルゴンゾーラ、カマンベールの3種類のチーズが使われている。これをスポンジに流し込んで、じっくりと焼き上げた。エリスリトールを除いた糖質量は、1個あたり6.3グラムだ。

■主食サラダでも健康を応援

 食生活を通した野菜の摂取を応援するため、軽い主食となるように作られたサラダも同時に発売する。

 9日から店頭に並ぶのは、野菜とショートパスタを混ぜる「バジル&チーズショートパスタサラダ(348円)」、ライスミックスを使ったサラダにオニオンドレッシングをかける「オニオンドレのチョップドサラダ(348円)」の2種類だ。

■これからも健康志向の高まりに対応

 昨年の春から生野菜サラダを中心に、サラダ全体の売り上げが大きく伸びているというミニストップ。今後も「おいしく健康」をテーマにした商品開発を進め、ダイエット中や健康を気にしているユーザーからの支持獲得を目指す。(鷹山了)

関連キーワードミニストップ

「コンビニ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース