楽天とビックカメラ、「楽天ビック」立ち上げのため提携へ

2017年12月21日 05:32

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 楽天とビックカメラは、「家電分野を中心としたより利便性の高いショッピング体験の提供」を目的に合同で新会社を設立し、2018年4月から新サービスとなる「楽天ビッグ」のサービス提供を開始することを発表した。12月19日に、基本合意書を締結した。

【こちらも】楽天、携帯キャリア事業への新規参入目指す

 今日、インターネット通信販売が社会の基盤を形成するに至り、各分野における消費者の購買行動に大きな変容が生じていることは言うまでもない。当然、その影響は家電という分野にも及ぶ。

 現状をいえば、楽天によれば、楽天市場の家電分野は成長を続けているという。特に、商品情報の入手、価格の比較などに利用されているという側面が強い。

 ただし、生活必需品のための迅速な入手、あるいは大型家電の設置依頼、そして何より重要なことには「現物を確認しながら、スタッフなどと相談して購入を検討する」などの、インターネット通販ではどうすることもできないニーズがまだ、家電分野においては実店舗に強く残っているという側面も否めない。

 一方、ビックカメラはどうしているかというと、既に「ビックカメラ楽天市場店」の名において楽天市場内に出店し、営業を続けているのであるが、前述のような背景を受け、実店舗に強いノウハウを持つビックカメラと、通信販売の大手である楽天とが、提携して新しいインターネット通販サービスの提供に乗り出すことにしたというわけである。

 新会社は具体的に何をするかというと、まず「ビックカメラ楽天市場店」を引き継いで、「楽天ビッグ」の名で楽天市場の名に出店する。その上で、ビックカメラならではの価格設定、品揃え、そして独自商品の開発などにも乗り出していくという。

 特に、インターネット家電通販の弱点であった、「設置工事の依頼」をスムースに受注できる体制を整えていくとのことである。(藤沢文太)

関連キーワード楽天ビックカメラ

「小売業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース