スバル「サンバーバン」「ディアスワゴン」改良モデル発売

2017年11月14日 08:32

小

中

大

印刷

ディアスワゴン RS Limited スマートアシスト。(画像:SUBARU発表資料より)

ディアスワゴン RS Limited スマートアシスト。(画像:SUBARU発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • サンバーバン トランスポーター スマートアシスト。

 SUBARU(スバル)のサンバーバンとディアスワゴンが改良され、11月13日に発売となった。両車種ともに、ダイハツからOEM供給を受けている車種である。

【こちらも】ダイハツ「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」をマイナーチェンジ

 サンバーバンはABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が、ディアスワゴンはVDC(ビークルダイナミクスコントロール)が、それぞれ標準装備となる。また、スバルの軽乗用車ラインナップで高く評価を受けているセーフティ・システム「スマートアシストIII」は、両車種に採用、ディアスワゴンには標準装備、サンバーバンではオプション装備となる。全体的にいえば、安全装備の充実がはかられた形だ。

 外見については、フロントマスクとリアバンパーのデザインが一新された。フロントマスクはより力強いイメージを与えられ、バンパーには台形モチーフが採用、安定感や力強さを感じさせるデザインとなった。

 バンパーサイドのサイドカバーは交換可能なものに変更され、修理時の負担が軽減された。ヘッドランプは、従来のものよりもシャープで精悍な印象を与えるものとなった。多灯式LEDが採用され、メッキベゼル付きのLEDフォグランプと組み合わされた、「LEDパック」が展開されたことで、視認性と質感が高まった。

 インテリアはブラック基調となり、インパネデザインも刷新。マルチインフォメーションディスプレイ付メーターの採用によって、使い勝手の向上も図られている。

 また、アイドリングストップや電動パワーステアリングも採用され、すべてのグレードにおいて、燃費性能の向上が実現している。

 価格は、サンバーバンが消費税込(以下同)95万9,040円~149万4,720円。ディアスワゴンが、156万600円~181万4,400円。販売計画は、サンバーバンが月500台、ディアスワゴンが同じく50台を目標とするという。(藤沢文太)

関連キーワードスバルダイハツ工業スマートアシスト軽乗用車

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース