ホンダ、17年上期で好調決算を発表 EV推進の加速も鮮明に

2017年11月9日 21:40

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは1日、17年4~9月期連結決算(国際会計基準)について、好調な二輪販売や四輪車の売上増加により、純利益が前年同期比8%増の3813億円となったことを公表した。中国事業が最大のプラス要因で、セダン「シビック」や多目的スポーツ車(SUV)「CR-V」などに人気が集まり、過去最高の販売を記録した。「特別シフトで操業しても、とても作りきれない状況だ」と嬉しい悲鳴が聞こえる。

【こちらも】ホンダのEVスポーツ、コンパクトなロングノーズ&ショートデッキを纏う

 4~9月の中国販売台数も過去最高で、前年同期比約19%増の72万9千台を記録し、市場全体が約4%増の中では好調さがひと際目立つ。18年3月通期の販売計画は好調継続を期待して4万台上積みし、139万台を目指す。

 しかし中国での急拡大は、将来の課題を強く意識させる要素でもある。19年から中国での生産量に応じて、新エネルギー車(NEV)の普及にむけた新規制が始まる。17年3月期に中国で約130万台を生産したホンダにも、一定のEVやプラグインハイブリッド車(PHV)の生産が義務づけられる。対策は欠かせない。

 ホンダは湖北省と広東省に設立している2社の合弁会社で、電気自動車(EV)を共同で開発し、両社の工場で生産した同一の車体に内外装の変化を付け、それぞれのブランド名で販売する戦略を立案した。10月25日、東京モーターショーの会場で八郷社長は「EV最大の課題はコスト」であることを強調し「車台を一緒にして台数をまとめればコスト低減に有効」との考えを示した。

 これとは別にホンダは22年を目途に、「超急速充電」の電気自動車(EV)を複数発売する計画を進めている。一般的に急速充電器を使った場合にでも、8割程度を充電するのに30分程度の時間を要するが、これを15分に縮めて所要時間を半減させる。日本発の急速充電規格「チャデモ」は17年に50kw(キロワット)から150kwになったが、20年頃には350kwに引き上げの予定がある。欧州の急速充電規格「コンボ」も20年までに350kwの充電器を、高速道路沿いに大幅に増設する。これを睨んで電池メーカーとのパートナーシップにより、短時間の大量充電に耐えられる大容量電池を開発するとともに、車体の軽量化を進めて電力のロスを抑え、電池やモーターの制御技術も確立させる。

 世界で環境規制が強まる中、EVでの孤立感が強まり出遅れの焦燥感も否めなかったホンダが、再び存在感を示すことができるのか、計画の進展が注目される。(矢牧滋夫)

関連キーワード本田技研工業SUVハイブリッド車電気自動車中国プラグインハイブリッドシビック東京モーターショーCR-V

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース