菅官房長官、厳しい措置含む安保理新決議の早期採決重要 北朝鮮問題で

2017年9月12日 07:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、米国が国連安保理決議案採決を11日(ニューヨーク時間)に行いたい意向で取り組んでいることに「承知している」としたうえで「現在、安保理メンバー間で様々議論が行われている。いずれにしても。厳しい措置を含む新たな安保理決議の早期採決が重要」と語った。

【こちらも】北朝鮮は核保有国の能力、小野寺防衛相が認識示す

 「米、英、フランスをはじめとする安保理メンバー、韓国と緊密に連携し、中国、ロシアとも意思疎通を図りながら(安保理採決へ)進めていきたい」とした。

 北朝鮮が新たな制裁決議の採択により、軍事的挑発の可能性について、菅官房長官は「北朝鮮の挑発行為に予断を持って語ることは控えたい」としたうえで「北朝鮮の核・ミサイルについては政府として重大な関心を持って情報収集・分析に努めている」と答えた。

 菅官房長官は「政府としては、常に米国・韓国と緊密に連携し、北朝鮮の挑発行動の自制、安保理決議の遵守を強く求めていきたい」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
船舶臨検は事実上の武力行使と強く懸念 小池氏
石油禁輸など北制裁決議採択へ協力と日韓首脳
総理6日からロシアへ 日露、日韓首脳会談予定
北核実験、深刻な脅威と日露首脳、認識を共有
外交力を発揮することが最も重要 前原代表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国韓国北朝鮮ロシア菅義偉官房長官フランス国連安保理

「外交・国際関係」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース