東大でも「非常勤講師雇い止め問題」 早大に続き

2017年8月22日 16:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日、早稲田大学と同大学の非常勤講師との間で発生していた「雇い止め問題」が和解したと報じられていたが、同様の問題は東京大学でも発生しているという(現代ビジネス)。

 問題の発端は労働契約法の改正によって有期労働契約による労働期間が5年を超えた場合、労働者に無期契約へと切り替える権利が与えられるようになった点。そのため東大では非常勤講師に対し雇用期間を最長5年とし、さらに雇用期間を「リセット」するため6か月の休業期間を設けた後であれば再び上限5年での雇用を認めるとしているのだが、これは脱法行為であると指摘されており、東大と非常勤講師の間で交渉が続けられているという。

 なお、東大は新たに契約期間無しの非正規教職員を募集するそうだが、「専門的かつ高度な仕事をする教職員であり、予算の裏付けがある部署に限っての募集」という制限があるとのことで、現状の非正規職員がそのまま無期限で雇用される可能性は低いという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 教育

 関連ストーリー:
早稲田大学の「非常勤講師雇い止め」問題、和解していた 2017年08月08日
正社員の増加、非正規社員の増加を上回る 2016年12月02日
米大手健康保険会社CEO、労働者の若い非正規社員への入れ替えや海外へのアウトソース推進を行うと発言して議論を呼ぶ 2016年11月10日
政府、「就職氷河期」世代の採用に助成金支給へ 2016年11月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京大学早稲田大学非正規

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース