日米韓防衛実務者協議 中国の対韓姿勢もけん制

2017年4月20日 11:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日米韓3か国防衛当局による日米韓防衛実務者協議(DTT)が19日、防衛省で行われ、北朝鮮に対して「完全かつ実証可能、不可逆的な形で核と弾道ミサイルの開発計画を放棄し、地域の緊張を高めるだけの挑発行為を停止するとともに、国際的な義務や約束を遵守するよう」求めた。

 また、韓国が北朝鮮対策の一環として、駐韓米軍基地に終末高高度ミサイル迎撃システム(THAAD)を配備することについて「北朝鮮の核及びミサイルの脅威への対応のための自衛手段に過ぎない」とし「地域の他国への脅威とはならないことを確認した」とした。

 そのうえで「3か国代表は、THAAD配備を決定した韓国に対する圧力又は報復は不当かつ不適切であり、即座に停止されるべきであるという考えを共有した」と中国を強くけん制した。

 また「各国代表は関係当事者に対し、THAAD配備が必要となった根本原因の解決に積極的に取り組むよう促した」としている。

 また、海洋進出を図る中国の動きについて「3か国代表は海洋安全保障の重要性を含め、その他の地域の安全保障問題についても議論した」とし「3か国代表団は航行の自由や上空飛行の自由は保障されなければならず、紛争は平和的手段により解決されるべきであることを改めて確認した」と強調した。

 DTTには日本側から前田哲防衛政策局長、米側からヘルビー国防省国防次官補代行、韓国側から魏昇鎬(ウィ・スンホ)国防部国防政策室長が代表出席した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
武力攻撃切迫事態など念頭には検討していない
ソウル市が格安航空LCCと日本人誘客推進へ
19日に対北朝鮮で日米韓防衛実務者協議開催へ
韓軍 対北でM-SAMシステムを来年にも配備
あらゆる事態に対応できる体制構築は政府の責任

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省中国韓国北朝鮮弾道ミサイル安全保障米軍THAAD(高高度防衛ミサイル)防衛実務者協議

関連する記事

「軍事・防衛」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース