ホンダ、50cc原付「モンキー」に「50周年アニバーサリー」モデル発売

2017年2月28日 22:12

小

中

大

印刷

モンキー・50周年アニバーサリー(パールサンビームホワイト) (本田技研工業の発表資料より)

モンキー・50周年アニバーサリー(パールサンビームホワイト) (本田技研工業の発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

 本田技研工業(ホンダ)は28日、原付50ccのレジャーモデル「モンキー」の発売50周年を記念した「モンキー・50周年アニバーサリー」を発売した。

 モンキーは、1961年に東京都日野市にオープンした遊園地「多摩テック」の乗り物として製作された「モンキーZ100」に端を発するモデル。子どもたちに「操る楽しさ」を提供することで好評を博し、やがて海外の各種ショーで展示されるなど、世界各地で注目を集めた。1967年には、初代モデルとして公道走行可能な「モンキーZ50M」を国内で発売。以来、小柄で愛らしいデザインや粘り強く扱いやすい4ストローク・50ccエンジンの搭載などにより、半世紀にわたり幅広いユーザーに好評を得ているロングセラーモデルだ。

 モンキー・50周年アニバーサリーでは、初代モデル「モンキーZ50M」のカラーリングイメージを踏襲し、燃料タンク側面やサイドカバーを主体色のパールサンビームホワイトに、フロントやリアのフェンダーはシャスタホワイトとしている。フレームやフロントフォーク、スイングアームなどのほか、ヘッドライトケースや燃料タンク上面のストライプをマグナレッドとするとともに、シートには初代モデルを模したおしゃれなチェック柄シートを採用した。

 発売50周年を記念し、燃料タンク側面に復刻デザインのウイングマークバッジを、上面には記念ステッカーを配したほか、サイドカバーに50周年記念エンブレムを、シート後部に50周年記念ロゴを、メインキーに50周年記念マークを施している。希望小売価格は35万2,080円(税込)。

 車体色は、パールサンビームホワイトのみを設定。また、従来のプラズマイエローとハーベストベージュの2モデルは廃止し、グラファイトブラック(モンキー・くまモンバージョン)は継続販売する。国内での販売計画台数は、シリーズ合計で1,800台。

関連キーワードホンダ原付(原動機付自転車)

関連する記事

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース