ラクーンの「スーパーデリバリー」は、民泊物件サイト「民泊物件.com」を運営するスペースエージェントと業務提携

2017年1月12日 15:07

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■民泊事業者に対し、部屋づくりに必要なアイテムの購入をサポート

 ラクーン<3031>(東1)が運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」は、民泊物件サイト「民泊物件.com」を運営するスペースエージェントと業務提携したことを発表した。

 スーパーデリバリーは基本的に物販スペースを持ち、再販売を行う小売店向けの会員制仕入れサイトであるが、扱う商品の拡大に伴い2016年7月から小売以外の事業者に対し、販促目的や備品購入などの用途でも利用可能とした。また、スーパーデリバリーに出品されている約60万点の商品の中には家具や寝具、インテリア雑貨や生活雑貨など民泊を行う際に必要なアイテムが多数ある。

 一方、スペースエージェントは、民泊事業を運営したい人が手間なくスムーズに民泊物件情報を探せるよう、不動産オーナー、管理会社から民泊利用の許可が出ている物件のみを掲載する民泊物件の不動産ポータルサイト「民泊物件.com」を運営しており、民泊事業者向けのWEBサービス・メディアの中では国内最大級の規模を誇っている。

 そこで、スーパーデリバリーは、スペースエージェントの顧客である民泊事業者に対し、部屋づくりに必要なアイテムの購入をサポートができると考え、業務提携することになった。

 業務提携の内容は、1)スーパーデリバリーから民泊物件.comへスーパーデリバリーのサービスや商品に対する情報提供を行う、2)民泊物件.comは顧客となる民泊事業の運営者に対してスーパーデリバリーのサービス紹介を行う、となっている。

 今回の提携によりスーパーデリバリーは、民泊事業者への認知が拡がり、部屋づくりに必要な家具等のインテリア商品や生活雑貨を購入する際にスーパーデリバリーの利用を促すことで、新たな会員の獲得と流通額の増加を見込んでいる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【どう見るこの相場】スピード調整色を強める可能性、目先的な過熱感を警戒(2016/12/19)
【中西文行の相場展望&注目銘柄】狙える!12月決算の大型株配当取り相場(2016/12/19)
【配当特集】ソーバルは連続増配見通しで配当利回り増す、押し目買い妙味膨らむ(2016/12/19)
【株式評論家の視点】イントラストは収益機会が拡がる、下値買い妙味が膨らむ(2016/12/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース