2016年2月12日 13:46

小

中

大

印刷

 NECは12日、英国ブリストル市のスマートシティプロジェクトを推進する企業ブリストル・イズ・オープン(Bristol Is Open)と協業すると発表した。NECは通信システムやネットワーク製品を提供するほか、ブリストル社と共同でスマートシティの実現に役立つ技術の実証を行うという。

 NECによると、ブリストル社はブリストル市とブリストル大学が設立した合弁会社。ブリストル市のプロジェクトでは、ブリストル市内に、SDNやIoTセンサー、ビッグデータ技術などを用いたスマートシティプラットフォームを構築し、各種都市データをパートナーに開放する。パートナーはこのデータを活用して都市の諸問題を解決するソリューションの開発・実証を行っていく。

 NECはブリストル社のプラットフォーム構築向けに、SDN製品、超小型無線通信システム「iPasolink」、LTE基地局などを提供する。また、今回のプラットフォームを利用してSDN、5G、IoTなどスマートシティの実現に役立つ技術の実証を共同で行うという。

関連する記事

「IT・情報通信業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース