12月の百貨店売上、インバウンドや冬物衣料が好調

2018年1月6日 06:38

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 三越伊勢丹ホールディングス、高島屋、J.フロントリテイリング、エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)の百貨店4社は4日、12月の売上速報を発表した。それによると、首都圏と関西の店舗を中心にインバウンド需要が好調だったほか、コートなど防寒アイテムも堅調で推移している。

【こちらも】11月のコンビニ売上高、競争激化で既存店は6カ月連続の減少

 三越伊勢丹の国内百貨店売上高は対前年同月比で、三越伊勢丹1.5%減、グループ百貨店0.8%減の1.2%減だったが、コートやストールを中心に防寒具の売り上げが伸び、国内百貨店の既存店売り上げは5カ月、首都圏にある三越伊勢丹の既存店売り上げは7カ月連続で前年同月を上回った。

 インバウンド売り上げも比較的堅調。三越銀座店など基幹3店がけん引し、高額品の売り上げが全体を下支えした。クリスマス商品は月の後半から顕著な伸びを示している。

 高島屋は単体13店の売上高が前年同月比0.9%増、岐阜高島屋などを含めた17店の売上高が同0.8%増となった。株高による資産効果で高額品の売れ行きが伸びたほか、コートやマフラー、手袋など防寒アイテムも好調に推移、5カ月連続で前年実績を上回った。

 大型店では、インバウンド需要が好調な大阪店、京都店、新宿店が前年をしのぐ売り上げを見せた。商品別では紳士服や紳士雑貨、子供服が前年を下回ったものの、婦人雑貨や宝飾品は好調だった。

 J.フロントリテイリングは大丸松坂屋百貨店の売上高が同3.2%増、博多大丸などを含めた百貨店事業全体の売上高が同2.9%増。大丸松坂屋百貨店は10カ月、百貨店事業合計は9カ月連続で前年実績を上回っている。

 店舗別では東京店が16カ月、札幌店が13カ月、心斎橋店が12カ月連続で前年同月をしのいだ。上野店は上野フロンティアタワーの開業効果で入店客が4割増となり、化粧品や婦人靴の売り上げが伸びている。

 H2Oは阪急本店が同6.4%増、阪神本店が同0.3%増、支店合計が同1.7%減で、全社売上高は同2.9%増えた。全店売上高は13カ月連続の増加。婦人ファッションが好調で推移したのに加え、コートや防寒雑貨の売れ行きがよく、インバウンドも関西を中心に活発に動いている。

 支店では博多阪急が秋に大規模改修したこともあり、2ケタ増の売り上げを記録した。(高田泰)

関連キーワードインバウンド百貨店売上高三越伊勢丹ホールディングス大丸松坂屋百貨店エイチ・ツー・オーリテイリング

「経済指標・統計」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース