日本郵船が続伸、村上世彰氏が関与する投資会社による大量取得など材料視

2017年11月2日 10:32

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■目的は「投資及び経営陣への助言、重要提案」と伝えられ思惑渦巻く

 日本郵船<9101>(東1)は2日、10時過ぎに2506円(60円高)まで上げて戻り高値を更新した。引き続き、「旧村上ファンド代表の村上世彰氏が関与する投資会社のオフィスサポート(東京・渋谷)が、日本郵船株を大量取得したことが31日わかった」(日本経済新聞11月1日付朝刊)などと伝えられ、思惑買いが衰えないようだ。

 報道によると、保有比率は5・12%。目的は「投資及び経営陣への助言、重要提案」としているという。日本郵船の業績は順調で、10月31日に発表した第2四半期決算(1017年4~9月累計、連結)は各利益とも前年同期比で大幅に黒字転換した。また、同日、郵船ロジスティクス<9370>(東1)のTOB(公開買付)による完全子会社化を発表した。TOB価格は1株1500円。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)
【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)
【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース