日米韓、北朝鮮ミサイル発射想定の追跡訓練も

2017年10月24日 23:46

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 小野寺五典防衛大臣は23日夜の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射を想定し追跡訓練を行うという一部報道に対し、否定せず「日米韓三か国が連携することは大変重要だと思っている。このような訓練については、しかるべき時期にしっかり対応していきたい」とのみ述べた。

【こちらも】空自、北海道・襟裳でPAC-3の機動展開訓練 弾道ミサイル対処能力向上へ

 また日米韓防衛大臣会談での軍事的オプションの協議の有無についても「具体的な軍事的オプションについての言及は、つまびらかにすることはなかなかできない内容」とした。そのうえで「三か国とも当然様々なことについての脅威認識はしていると思う」と述べた。

 そうした中、米国の太平洋空軍が最新鋭戦闘機F35Aを沖縄県嘉手納基地に12機配備するとともに、約300人の空軍兵が半年ごとに交代任務に就くという。沖縄防衛局が23日、地元の嘉手納町や北谷町などに今週中に飛来を伝えた。

 F35Aは最大速度約マッハ1.6、2200キロメートルの航続飛行距離能力を有し、25ミリ機関砲、空対空レーダーミサイル、空対空赤外線ミサイルを装備している。日本政府も青森県三沢市にある空軍三沢基地に最終42機を配備する計画を持っている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北核問題、平和的方法で解決すべき EU韓一致
襟裳で30日に空自がPAC-3機動展開訓練
米韓空軍が10日夜に朝鮮半島で合同訓練
北がICBMかSLBM発射「可能性高い」韓国
自衛隊明記と緊急事態対応中心に議論と改憲明記

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード青森県アメリカ北朝鮮弾道ミサイル沖縄県小野寺五典

「軍事・防衛」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース