炭素繊維強化プラスチックによる自動車シャシー製作に成功、NEDOと名大

2017年10月18日 06:09

小

中

大

印刷

製作に成功したオール熱可塑性CFRPシャシー。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構発表資料より)

製作に成功したオール熱可塑性CFRPシャシー。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 次世代のマテリアルとして期待されるCFRP、炭素繊維強化プラスチックのみを用いた自動車シャシーが製作された。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と名古屋大学ナショナルコンポジットセンター(NCC)の共同研究によるもので、世界で初だという。

【こちらも】三菱ケミカルの炭素繊維強化プラスチック アウディのルーフに採用

 今回の開発により、材料供給から最終製品までの一貫自動生産による、部材コスト低減に目処が立つことになる。自動車の車体軽量化、部材の量産化を加速し、自動車によるCO2排出量の削減にも資することが期待される。

 自動車の軽量化などを目指す、金属に代わりうるマテリアルの研究は世界的に進められている。CNF(セルロースナノファイバー)などと並んで有望視されているものの一つが、CFRPだ。

 これまで、CFRPは成形性と融着性に難点があることから、航空機と、ごく一部の高級車にしか用いられていなかった。

 共同研究グループは、新たな性質を持ったCFRPの開発のため、熱可塑型CFRPに着目、LFT-D(Long Fiber Thermoplastics-Direct)工法による製造に挑戦してきた。LFT-D工法は、ドイツのフラウンホーファ研究機構が考案した繊維強化プラスチックの製造方法である。

 結果、これまでより圧倒的に速い時間、具体的には1分程度でのシャシーの成形を可能とし、また、超音波を用いた融着法によって、熱可塑性CFRPのみによる自動車シャシーの製作に成功したのである。

 今後の研究としては、成形技術の制度をさらに高め、超音波融着技術についても、高速化を進めていきたいという。

 なお、開発されたオール熱可塑性CFRPシャシーは、10月24日から幕張メッセで開催される、IPF Japan 2017(国際プラスチックフェア)において展示される。(藤沢文太)

関連キーワード名古屋ドイツ自動車名古屋大学新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)セルロースナノファイバー

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース