エアバス、来年にも電動「空飛ぶ車」のテストを実施へ

2017年10月12日 10:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「空飛ぶ車」や「空飛ぶタクシー」開発についてはここ最近さまざまな企業が参入しているが、大手航空機メーカーAirbusが2018年に実用化に向けた実証機のテストを行うことを明らかにしているTechCrunch)。

 Airbusの「空飛ぶ車」は「CityAirbus」と名付けられており、モーターで駆動する8つのプロペラを搭載。バッテリは140kWのものを4つ搭載する。4人乗りで自動運転機能を持ち、巡航速度は時速120kmとのこと。バッテリ駆動ということで短時間の飛行しかできないため、都市部での比較的短距離の移動向けという位置付けのようだ。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
ドバイ、空飛ぶ自動操縦タクシーのテスト飛行を実施 2017年09月29日
自動運転車の父、空飛ぶ自動車の時代が来ると主張 2017年09月22日
ハイパーループの高速試運転が行われる 2017年08月11日
空飛ぶ自動車「Moller Skycar」の2001年製プロトタイプ、eBayに出品中 2017年07月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転エアバス空飛ぶ車

「船舶・航空業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース