家庭用ゲーム市場、17年度上期は5年ぶり増 「Switch」「ドラクエ」が牽引

2017年10月6日 07:13

小

中

大

印刷

市場を牽引した「Nintendo Switch」。(c) 123rf

市場を牽引した「Nintendo Switch」。(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は5日、2017年度上半期の国内家庭用ゲーム市場規模を発表した。集計期間は2017年3月27日~2017年9月24日。

【こちらも】国内スマホゲーム市場、15年度は前年度比3.4%増の9250億円と堅調に推移

 2017年度上半期の国内家庭用ゲーム市場は、1,512億円。前年比139.9%で5年ぶりのプラスとなった。市場規模とはハード・ソフトの合計値を指している。

 ハードでは「Nintendo Switch」が市場を牽引、ソフトでは「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が3DS・PS4の2機種合計で300万本を売り上げ大ヒットした。

■2017年度上半期の家庭用ゲームソフト販売本数TOP5

 (集計期間は各発売日~2017年9月24日、ファミ通調べ)

 1位.「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(3DS) 170万4994本

 2位.「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PS4) 131万1249本

 3位.「スプラトゥーン2」(Switch) 120万8502本

 4位.「マリオカート8 デラックス」(Switch) 65万0781本

 5位.「モンスターハンターダブルクロス」(3DS) 40万1418本

 以下、6位「ARMS」(Switch)、7位「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(Switch)、と続いている。

 2017年下半期も任天堂の「スーパーマリオ オデッセイ」(Switch)や、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(3DS)、「モンスター:ハンターワールド」(PS4) といった注目ソフトの発売が予定され、引き続き市場の拡大が期待されている。

 「Nintendo Switch」の販売が好調な任天堂は5日、スーパーファミコンの復刻版である「ニンテンドークラッシックミニ スーパーファミコン」も発売した。復刻版には「スーパーマリオワールド」など21タイトルが収録。2018年には「Nintendo Switch」向けにもファミリコンピューターのソフトを配信していくという。

 10月下旬から上期の決算発表が本格化するが、ゲーム関連の銘柄は総じて好調と見られている。任天堂の市場予想は会社側が見込む営業利益の2倍強にも相当するとされ、「ドラゴンクエスト」がヒットしたスクエア・エニックスの株価も高値を付けている。

 「Nintendo Switch」は家電量販店に入荷後、すぐに完売する状態が続いているという。年末までゲーム業界の好調を維持するには、生産体制の安定化が必要とされていることから、「Nintendo Switch」を始めとするハード面の拡充と「ドラゴンクエスト」や「スプラトゥーン2」に続くヒット作品の行方に注目をしていきたい。

関連キーワードドラゴンクエスト任天堂Nintendo Switchマリオカートスーパーマリオ オデッセイ

「経済指標・統計」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース