日産・ルノー・三菱自連合、新6カ年計画「アライアンス2022」発表

2017年9月16日 15:28

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日産・ルノー・三菱アライアンスが突如として発表した、新6カ年計画「アライアンス2022」と新しいロゴ

日産・ルノー・三菱アライアンスが突如として発表した、新6カ年計画「アライアンス2022」と新しいロゴ[写真拡大]

写真の拡大

 ルノー・日産アライアンス・三菱自が、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6か年計画「アライアンス2022」を発表した。

【こちらも】日産・ルノー・三菱連合が初の首位 2017年上半期の世界販売

 アライアンスの会長兼CEOのカルロス・ゴーンは、「今日はメンバー各社にとって新しいマイルストーンとなる『アライアンス2022』を策定、計画終了時までに年間シナジーを100億ユーロに倍増させることを目指す」とした声明を発表した。

 この目標に到達するため、ルノー、日産自動車、三菱自動車は共用のプラットフォーム、パワートレイン、次世代の電気自動車、自動運転、コネクテッド技術における協業を加速させるという。事業規模全体の拡大によるシナジー創出に貢献するとして、計画終了時には、年間販売台数は1400万台以上、売上高は2400億ドルに達すると見込んでいるとした。

 この計画において3社は、共通プラットフォームの使用を増やし、4つのプラットフォームで900万台以上をカバー。さらに、共通パワートレインの使用も全販売車両の75%まで拡大させるという。

 今回発表した「アライアンス 2022」では先進的な自動運転システムやコネクテッド技術、モビリティサービスの開発および展開と並行して、EV技術の共用も拡大する。さらに、複数のセグメントに対応する新しいEV共用プラットフォームと共用部品を活用し、2022年までに12車種のゼロ・エミッションEVを発売する予定だ。

 同時に、完全自動運転を含めた異なるレベルの自動運転技術を40車種に搭載。無人運転車両による配車サービス事業への参入は、新しいモビリティサービス戦略の中核を担うとも。

また、15日に新ウェブサイトを開設するとともに、パートナー企業間における機能統合や協力体制の拡大を象徴する新しいロゴを発表した。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、ランドクルーザープラドに2度目の大規模改良を加え、発売
独・VW社の車両電動化が本格化、「フランクフルトショー2017」で公開
メルセデスの最高峰モデル、新型メルセデス・マイバッハ Sクラス登場
独総選挙、ガソリンエンジン車を発明した国ゆえに、EV化推進できない理由
日産、第2世代EV「リーフ」をフルモデルチェンジして世界初公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱自動車電気自動車自動運転日産自動車カルロス・ゴーンルノー

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース