人工衛星「ひとみ」のトラブル、NECが5億円支払い プログラムミスが原因

2017年9月9日 09:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 昨年2月に打ち上げられたものの、本格運用開始前にトラブルが発生し運用が断念された天体観測衛星「ひとみ」について、NECが開発したプログラムのミスが原因だったとしてNECがJAXAに5億円を支払うとする民事調停が成立したとのこと(NHK産経新聞ハフィントンポスト)。

 プログラムのバグなどで発生した損害については、一般的にはよほどの理由(たとえば明らかな職務怠慢など)がない限りは免責されることが多いが、5億円という高額な支払いを行うということはそれほどひどい状況だったのだろうか?

 JAXAは5月にひとみの異常事象調査報告書を公開しているが、そこでは詳細情報の共有不足や指示系統の混乱などがあったとされている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | JAXA | お金

 関連ストーリー:
JAXA、「ひとみ」の異常事象調査報告書を公開 2016年05月26日
JAXA、X線天文衛星「ひとみ」の復旧を断念 2016年04月28日
JAXA、「ひとみ」トラブル発生の推定メカニズムを公表 2016年04月16日
X線天文衛星「ひとみ」で通信異常が発生、1日以上状態が確認できない状況が続く 2016年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNEC宇宙航空研究開発機構(JAXA)

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース