「トヨタ86」マイナーチェンジ、Brembo製ブレーキ標準装備し大きく進化

2017年9月8日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

Brembo社製のブレーキを標準装備する「GT“Limited・Black Package”」、ボディ色「ソリッドグレー」で、価格は335万6640円(6MT車)、342万3600円(6AT車)

Brembo社製のブレーキを標準装備する「GT“Limited・Black Package”」、ボディ色「ソリッドグレー」で、価格は335万6640円(6MT車)、342万3600円(6AT車)[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタとスバル(当時の富士重工業)の協働から生まれ、2012年にデビューした「2+2座」のスポーツモデル「トヨタ86」が、ブレーキ仕様を刷新したグレード追加などのマイナーチェンジを実施し、10月に発売となる。

【こちらも】トヨタ・新型カムリ試乗記(上)オジサン車と言わせない レザーパッケージの不思議

 「トヨタ86」は、FR(フロントエンジン+リアドライブ)レイアウトと水平対向4気筒エンジンを組み合わせ、「超低重心パッケージング」を採用し、クルマを操る愉しさが感じられるコンパクトスポーツとして開発された。今回、「トヨタ86」のスポーツモデルとしてのポテンシャルアップを図るため、ステアリングの支持剛性を強化したほか、サスペンションの再チューニングなどにより、ハンドリングのダイレクト感に磨きをかけたという。

 また、サイドミラーとリヤスポイラー、アルミホイールをブラック塗装で統一し、Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを標準装備する「GT“Limited・Black Package”」を新たなグレードとして設定した。

 なお、Brembo社製ブレーキは、「GT」と「GT“Limited”」、「G」グレードでもメーカーオプションでの装備を可能とした。

 加えて、GTとGT“Limited”のマニュアルトランスミッション車のシフトノブに上質な本革を使用して質感を向上。ボディカラーに期間限定の新色「ソリッドグレー」を設定した。

 搭載するパワーユニットは、最大出力は6速オートマティック車が147kW(200ps)/7000rpmで、マニュアルトランスミッション車は152kW(207ps)/7000rpm。最大トルクは205Nm(20.9kg.m)/6400-6600rpm(AT車)でMT車は212Nm(21.6kg.m)6400-6800rpmとなっている。

 この新型「トヨタ86」の価格は262万3320円から342万3600円で、生産は富士重工業群馬製作所本工場が行なう。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
EVバブルに踊らない。内燃機関は死せず、新環境技術で存続させる
トヨタ、安全支援装置搭載車の事故低減効果公表、同時にクラウンの特別仕様車発表
加速する車の「電装化」を牽引する、日本の高い技術力
電気自動車を巡る話題は国際的に“花ざかり” だが、コトはそれほど簡単ではない
さらばクラウン・タクシー。2017年末、日本のタクシーが大きく変わる

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車スバルトヨタ86

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース