天王星などの「ダイヤモンドの雨」、地球上で再現する実験が成功

2017年8月31日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 氷や水を主体とする巨大な惑星である天王星型惑星では、超高温・超高圧によってダイアモンドが生成され、「ダイアモンドの雨」のようなものが降る現象が発生するという。この現象を実験室で再現することに成功したそうだ(Nature Astronomy掲載論文GIGAZINESLAC National Accelerator Laboratoryの発表)。

 この研究では、X線自由電子レーザーを用いて非常に強い力を擬似的に生成し、これを利用して炭素からダイアモンドを生成することに成功したという。ただし、生成されたダイアモンドは1ナノメートル未満という超微小サイズとのこと。この手法で宝石に使えるようなダイアモンドを生成するのは難しいようだ。

 なお、天王星や海王星で実際に降っているダイヤモンドは一粒が何百万カラットにもなる大きなものと考えられているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
太陽系にはかつてもう1つの木星型惑星が存在していた? 2015年08月20日
欧州宇宙機関、天王星と海王星探査を目的としたODINUSミッションを発表 2014年02月20日
太陽系外惑星に未知の物質が存在する可能性 2011年01月06日
天王星に新しい月と環 2005年12月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード惑星

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース