モバイル機器から100W級の家電まで、USBが電力供給の未来を変える

2017年7月16日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ロームはUSB Type-C のUSBPD 対応評価ボード「BM92AxxMWV-EVK-001」のインターネット販売を開始。モバイル機器から100W級の家電まで、USBPD の簡単導入に貢献する。

ロームはUSB Type-C のUSBPD 対応評価ボード「BM92AxxMWV-EVK-001」のインターネット販売を開始。モバイル機器から100W級の家電まで、USBPD の簡単導入に貢献する。[写真拡大]

写真の拡大

 パソコンやスマートフォンの普及によって、すっかりお馴染みになったUSB。機器同士をつないだり、データを転送したり、デジタルライフには欠かせないものだが、USBをコネクタに差し込もうとして上下が逆で、イラッとした経験を持つ人は多いだろう。

【こちらも】粗悪なUSB Type-Cケーブルを使うと最悪の場合PCが壊れる

 そんな不満を解消するべく上下の向きがないUSBとして2015年頃に登場したのが、USB type-Cだ。2015年3月に発売されたMacBookにUSB Type-Cポートが搭載されて、当時は大いに話題となった。その後、16年にはコネクタがUSB type-Cのスマートフォンも多数登場している。

 USB Type-Cの特徴は上下左右の区別がないだけではない。双方向に電源供給が可能なUSB Power Delivery (以下、USB PD)規格に対応しているうえ、映像出力用としても使えるのが特長だ。Type-Cコネクタ搭載の機器が普及すれば、ケーブル1本でほとんどすべての周辺機器と接続でき、電源供給もまかなうことができるようになるだろう。

 しかも近年、これまで最大15Wまでの電力供給しかできなかったものが、USB PDの規格上の最大値である100Wまでの受給電が可能になった。つまり、ノートPCやTV など大きな電力を必要とする機器でさえも、USB端子からの給電によって駆動できるということだ。家庭やホテルなどにおいて、インフラの変革要因としても注目されており、Type-Cを利用したUSBPDの普及が今後益々、加速していくことは間違いないだろう。

 そんな中、USBPD対応機器の開発環境も急速に整いつつある。

 電子部品大手のローム株式会社は7月6日、USB Type-CコネクタでUSB PDを実現する電力受給電用評価ボード6製品「BM92AxxMWV-EVK-001」シリーズのインターネット販売の開始を発表した。同製品には、ロームが開発したUSBPDコントローラIC が搭載されており、多彩な用途に適応可能な6種類の評価ボードから、給電側と受電側のボードを組み合わせることでUSBPDを使用した受給電を簡単に実現し、評価することができる。また、USB Type-C規格Rev1.1 とUSBPD規格Rev2.0 をサポートしているため、Type-C コネクタを実装した機器と接続することも可能だ。

 インターネット販売なので、大手企業の製品開発だけでなく、個人やベンチャーなども手軽に購入できる。もしかすると、Type-CとUSBPDの特長を活かした新しい発想のものが生まれてくるかもしれない。(編集担当:藤原伊織)

■関連記事
自動車各社マイチェン加速。トヨタ、商品力アップを掲げミニバン三兄弟改良
物流も品質を求める時代に。輸送業界で注目されている「データロガ―」とは?
自治体のセキュリティ対策強化が急務 「自治体情報セキュリティ啓発センター」設立
2017年は「IoT元年」になるか。携帯3社と電子メーカーが仕掛けるIoTの未来
街のコンビニやカフェに有料充電コンセント設置、東電・ソニー・関電工

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUSB Type-Cローム

「AV機器・カメラ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース