産総研、99.9%以上の電磁波遮蔽性能を持つ水性塗料を開発

2017年6月28日 20:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 産業技術総合研究所(産総研)が、99.9%以上の電磁波遮蔽性能を持つという塗料を開発したと発表した(読売新聞)。

 すでに導電性を持ち電磁波の遮蔽に利用できる塗料(導電性塗料)は存在しているが、今回開発された塗料はさまざまな基材と組み合わせて利用でき、電磁波遮蔽性能も高いという。

 この塗料は水性塗料とカーボンナノチューブを組み合わせたもので、「バーコート」と呼ばれる塗料を薄く伸ばす塗装法でもスプレー塗装でも利用できる。さらに屈曲性にも優れているそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
物質・材料研究機構、カーボンナノチューブを使ったリチウム空気電池を開発 2017年04月10日
カーボンナノチューブの微小空間内に水を閉じ込めると特異な挙動を示すことが発見される 2016年12月09日
ノイズ耐性を高めたというSTPケーブル採用オーディオ用LANケーブル 2016年09月16日
導体表面を鏡面加工したオーディオ用LANケーブル 2016年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード産業技術総合研究所(産総研)

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース