小学生の頃の夢を叶えている人は6人に1人

2017年6月21日 11:18

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

6人に1人が「子どものころになりたかった職業」に就くことができたという結果が調査でわかった。

6人に1人が「子どものころになりたかった職業」に就くことができたという結果が調査でわかった。[写真拡大]

写真の拡大

 小学生の頃、将来の夢を持っていた人も多いことだろう。しかし、どれくらいの人が夢を叶えているのだろうか。インターネットマーケティングのセレスは、20~59歳の働く男女2277人に対してアンケート調査を行なった。

 まず、「小学校の頃に将来なりたかった職業」を尋ねたところ、最も多かったのは「なりたい職業・夢がなかった」という回答で、343人で全体の9.9%だった。学校などで将来の夢を聞かれることも多く、子どものころは誰しもが夢を見そうなイメージがあるが、全体の1割は将来の夢やなりたい職業がなかったという結果となった。

 子どもの頃の夢でトップなのが「プロスポーツ選手・アスリート」で268人、7.7%。次いで「歌手・ミュージシャン」が222人で6.4%、3位が「その他」で215人、6.2%、4位が「芸能人・タレント」で194人、5.6%であった。今年、小学生がなりたい職業でYouTuberが上位に挙がって話題となったが、やはり華やかで目立つ職業の人気があるのは今も昔も変わらないようだ。男女別では男性が「プロスポーツ選手・アスリート」、女性では「花屋などの小売店の店主」が最も多かった。

 一方、「なりたかった職業に就くことができたか」という質問に対しては、「就くことができずあきらめた」が59.4%。半数以上が夢で終わったという結果となった。一方、「就くことができて、今も就いている」「就くことができたが、辞めてしまった」は合計で16.6%となり、6人に1人は将来の夢を叶えている。また、「就けていないが、現在も目指している」と回答した人は5.4%という結果だった。

 「夢は叶わない」というイメージがあるが、6人に1人は子どもの頃の夢を叶えているという結果を見ると、意外と多いという印象だ。ただ、就くことができたが、辞めてしまったという厳しい現実もあるようだ。目標がある方が頑張ることができる。今の子どもたちも、しっかりと目標を持って、夢を叶えて欲しいと願うばかりだ。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
自分から進んで勉強する子供を育てるためには?
子どもの96%が野菜不足、親の食事に対する意識が影響
約半数の親が必要性を認識 子どものプログラミング学習に関する調査より
小学生にプログラミング教育は必要か
触れて、学び、考える。こどもの日に考えたい、子供向けイベント・CSR活動の今

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「ライフの話題」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース