マクドナルドにサイバー攻撃、店頭で一部電子マネーやポイント利用不可

2017年6月20日 19:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本マクドナルドのシステムにサイバー攻撃が行われ、その影響で国内のマクドナルド店舗でdポイントや楽天スーパーポイント、WAON、iDが利用できない状況になっているという(時事通信ケータイWatch日本マクドナルドの発表)。

 また、宅配サービス「マックデリバリーサービス」も利用できなくなっているそうだ。ネットワークシステムにマルウェアが感染したとのことだが、詳細は不明。店舗の営業には影響はないとのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
米マクドナルド、無駄に便利なフォーク型食器を発明 2017年05月04日
新たなIoTマルウェア「Hajime」が登場 2017年04月27日
米マクドナルド、必要以上に革新的なストローを開発 2017年02月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマクドナルドマルウェア電子マネーサイバー攻撃

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース