Symantec、Torrentユーザーをセキュリティリスクから保護する特許を取得

2017年6月10日 19:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

SymantecがTorrentユーザーをセキュリティリスクから保護する方法とシステムの特許を取得した(United States Patent 9,661,004TorrentFreakの記事)。

BitTorrentプロトコルによるトラフィックはインターネットトラフィックの50%を占めるとも試算されており、ファイルの配布手段として広く使われている。その一方でマルウェアも数多く配布されているが、torrentファイルをホスティングするサイトではファイルの信頼性に関する十分な情報を提供していない。

特許ではtorrentファイルをホスティングサイトへ最初にアップロードしたシードやターゲットファイルをダウンロード/アップロードしようとするピア、ホスティングサイト、トラッキングサイトなどを識別。それぞれの信頼性に関するスコアを評価データベースから取得してファイルのセキュリティリスクを判定する。たとえば、過去にマルウェアを配布していたかどうかといった情報が評価として使われるとのこと。

評価情報が十分でない場合は、ターゲットファイルの一部をダウンロードしてセキュリティリスクを判定することも可能だという。判定の結果、セキュリティリスクの高さに応じてユーザーに警告を表示する、該当のネットワークトラフィックをブロックする、ターゲットファイルを検疫/削除するといった対策を行うとのことだ。

なお、特許の出願は2013年だが、こういったシステムは現在のところ提供されていないようだ。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | セキュリティ | 海賊行為

 関連ストーリー:
仏裁判所、アーティスト名と「torrent」の組み合わせを一律に検索結果から削除すべきではないと判断 2016年07月23日
BitTorrentトラッカーサイトThe Pirate Bay、各種Webブラウザからのブロック対象となる 2016年05月11日
Mac用BitTorrentクライアント「Transmission」のインストーラにマルウェアが混入 2016年03月09日
Linux MintのWebサイトが改ざん、バックドア付きISOのダウンロードリンクに書き換えられる 2016年02月23日
µTorrent、バンドルした暗号通貨採掘プログラムをユーザーに無断でインストール? 2015年03月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアセキュリティBitTorrent特許Symantec

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース