UPQ、スマホ過熱・焼損で消費者庁への報告が遅かったとして厳重注意

2017年5月10日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 UPQが5月9日、同社のスマートフォン「UPQ Phone A01X」でバッテリーの過熱・焼損事故が発生していたことを発表した。このようなバッテリー過熱は2016年に2件、2017年に2件発生しているとのこと。さらに、消費者庁への報告が期限内に行われていなかったことも明らかになっている(PC Watch)。

 消費生活用製品安全法では、「製造又は輸入事業者は、その製造又は輸入に係る製品の重大製品事故を知った場合、消費者庁へ10日以内(知った日を含む)に報告しなければなりません。」とされている(消費者庁消費者安全課が公表している資料PDF)。消費者庁が5月9日に公表した資料(PDF)によると、「事業者が重大製品事故として認識したのは平成29年4月17日」「報告書の提出期限を超過していることから、事業者に対し厳重注意」とされている。

過熱の原因はまだ明らかになっていないが、充電時のバッテリーが原因の可能性が高いとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 携帯電話

 関連ストーリー:
120Hz駆動とされていたUPQの廉価4K液晶ディスプレイ、実際には60Hz駆動だった 2017年04月25日
家電ベンチャーUPQ、公道走行可能な超小型折り畳み電動バイクを発表 2016年04月25日
UPQの4Kディスプレイ、背面のUSBポートにUSBメモリを差すと遅延がなくなる 2015年11月30日
UPQのスマートフォン「UPQ Phone A01」、技適未取得で全品回収 2015年09月26日
新たな家電メーカー「UPQ」立ち上げ、Androidスマホや廉価な4Kモニタを発表 2015年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費者庁UPQ

「ベンチャー・中小企業」の写真ニュース

ベンチャー・中小企業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る