稲田防衛相、武力攻撃切迫事態など念頭には検討していない

2017年4月19日 11:29

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は18日の記者会見で、北朝鮮の弾道ミサイルが領海に落ちた場合、「武力攻撃切迫事態」を認定する方向で政府が検討に入ったと一部で報道されているが、事実関係はと記者団に質され「政府として報道にあるような特定の事態の認定を念頭に置いた検討を行っているという事実はない」と否定した。

 そのうえで、稲田大臣は「いずれにせよ、防衛省・自衛隊としては北朝鮮の軍事動向について、引き続き重大な関心をもって情報の収集・分析に努め、わが国の平和と安全の確保に万全を期す」とした。

 記者団が領海に落ちた場合、直ちに武力攻撃事態に認定できないということでよいのか、と改めて質したのには「申し上げたとおり、検討を行っているという事実はない」と明言した。

 この日の会見では、稲田大臣は「時代と環境に適応した魅力ある自衛隊を目指し、女性の採用拡大、配置制限の実質的な全面開放、勤務環境の整備を行い、女性活躍を推進する」と語った。

 また19日に日豪防衛大臣会談、20日に日豪「2+2」を開催する予定だとし「一連の会談を通じ、両国間の防衛・安全保障関係の更なる進展に向けた幅広い意見交換を行いたいと思う」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
対北朝鮮でトランプ大統領の姿勢を評価する
19日に対北朝鮮で日米韓防衛実務者協議開催へ
危機感あおる発言と裏腹に桜を見る会、土日私邸
韓軍 対北でM-SAMシステムを来年にも配備
あらゆる事態に対応できる体制構築は政府の責任

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊北朝鮮弾道ミサイル安全保障稲田朋美

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース