トヨタ、水素で動く燃料電池バスを東京都交通局へ納車

2017年2月25日 11:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタが東京都交通局へ納車した最初の燃料電池バス(FCバス)の都営路線バス仕様車

トヨタが東京都交通局へ納車した最初の燃料電池バス(FCバス)の都営路線バス仕様車[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車したFCバスは、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定である。

 トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定している。今後、市街地を走行するFCバスが増えるにつれて、公共交通手段としてのFCバス活用について、一般社会からの理解が高まることを期待している。

 トヨタFCバスは、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用しており、内燃機関に比べてエネルギー効率が高い。加えて、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現している。また、国土交通省が定める「標準仕様ノンステップバス認定要領」を満たす、バリアフリーバス「ノンステップ基準」に合致しており、高齢者や児童の乗降が容易にできるバスとなっている。

 大容量外部電源供給システムを採用。大容量の電力供給能力を備えており、災害などの停電時に、学校体育館などの避難所などへ電力を供給し、家電などの電源としての利用が可能だ。

 トヨタFCバスは、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業」や環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」により、開発と走行実証を行い、国土交通省の「地域交通グリーン化事業」により、今回の導入に漕ぎつけた。

 トヨタはその企業グループをあげて、水素を将来の有力なエネルギーと位置づけ、FCV「MIRAI」をいち早く市販するとともに、FCバス、燃料電池フォークリフト、家庭用の定置式燃料電池などの技術開発・商品展開を推進している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタが世界初、新設計「FLAD」基材を用いた新型排出ガス浄化触媒、製品化
水素普及計画、今度は米国で。シェルとトヨタが協働、カリフォルニア州で水素供給設備拡充へ
動き出した水素社会。鳥取で全国初の水素エネルギー一体型プロジェクト始まる
トヨタ、愛知県豊田市の元町工場において燃料電池フォークリフト本格導入
トヨタ、水素社会実現に向けた活動加速。MIRAI、今度はカナダ導入

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ東京都燃料電池水素高齢者経済産業省燃料電池自動車国土交通省環境省MIRAI東京オリンピックFCバス

関連する記事

「HV・EV・FCV・エコカー」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース