日本アジアグループ:台湾企業と覚書締結~事業拡大視野に

2016年12月16日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東1)傘下の国際航業は、台湾の「サイノテック」(Sinotech Engineering Consultants, INC.本社:台湾、董事長:曾參寶)と環境・防災・自然エネルギー分野における協業に関する覚書を結んだ。

グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東1)傘下の国際航業は、台湾の「サイノテック」(Sinotech Engineering Consultants, INC.本社:台湾、董事長:曾參寶)と環境・防災・自然エネルギー分野における協業に関する覚書を結んだ。[写真拡大]

写真の拡大

■「サイノテック」と環境・防災・自然エネで協業へ

 グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東1)傘下の国際航業は、台湾の「サイノテック」(Sinotech Engineering Consultants, INC.本社:台湾、董事長:曾參寶)と環境・防災・自然エネルギー分野における協業に関する覚書を結んだ。

写真=(左)国際航業株式会社呉文繍 代表取締役会長(右)Sinotech Engineering Consultants,INC.曾參寶 董事長

 国際航業は覚書締結について「地球環境の変化に伴い、台湾でも、台風や豪雨による土砂災害や洪水に加え、地震などの自然災害が多発している。

 サイノテックは、水資源、電力、環境、防災分野でのコンサルティング実績がある企業であり、当社グループの持つ環境・防災・自然エネルギー分野でシナジー効果のある協業関係を築くことで、防災・減災対策での技術サービス提供事業の拡大に期待している。今後、台湾での共同事業の開拓、東南アジアを中心とした海外事業体制強化の実現を目指す」と話している(国際航業・広報部)。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】なとりは年初来高値更新して15年高値に接近、17年3月期は増額余地(2016/10/11)
CSR(企業の社会的責任)とは何か?(2016/09/30)
【宮田修 アナウンサー神主のため息】親と子は「他者」なのか?(2016/10/01)
【注目銘柄】共同印刷は増額修正を好感して急伸、年初来高値を更新(2016/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース