2016年2月12日 23:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日本で生産を開始した新型「CX-9」、ボディサイズは全長×全幅×全高5065×1969×1716mm、ホイールベース2925mmと大きい。これは従来車よりも30mm短く、ホイールベースは60mm長い。ここに3列シートが収まる

日本で生産を開始した新型「CX-9」、ボディサイズは全長×全幅×全高5065×1969×1716mm、ホイールベース2925mmと大きい。これは従来車よりも30mm短く、ホイールベースは60mm長い。ここに3列シートが収まる[写真拡大]

写真の拡大

 マツダが本社宇品第1工場(広島市南区)で、3列シート仕様の新型ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダCX-9」の生産を開始した。

 生産をスタートさせた新型「CX-9」は、アメリカ、カナダなど北米市場向け左ハンドルモデル。新型「CX-9」の年間グローバルの販売計画台数は約5万台。そのうちの約8割が北米市場で販売する予定。北米マーケットに向けた戦略モデルとして、2016年春より順次販売を開始する予定だという。

 マツダの新世代技術「SKYACTIV Technology」とデザインテーマ「魂動(こどう)/Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品のハイエンドモデルであるCX-9は、ジャパンメイドの高品質なクルマづくりを通じて、機能やスペックを超えた上質な心地よさを提案する。

 同本社工場では、CX-9の生産開始にあわせて、新開発の2.5リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始している。

 新型CX-9は、北米市場においてMPVの実質的な後継車種となる3列シート7人乗りの大型SUVという立ち位置で臨む。ミニバンの需要が縮小傾向にある北米市場では、従来のミニバンに代えて3列シートSUVを投入するメーカーが増えている。マツダもこのセグメントに参加するわけだ。

 ボディサイズは全長×全幅×全高5065×1969×1716mm、ホイールベース2925mm。これは従来車よりも30mm短く、ホイールベースは60mm長い。ホイールベースの延長によって、乗員のニースペースは拡大し、乗降性も向上した。

 また、AWDモデルで約130kg、2WD(FF)モデルで約90kgの重量削減に成功しているのも特徴といえる。

 ダウンサイズした2488cc直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」は、ボア×ストロークが89.0×100.0mmの超ロングストローク型で、10.5の高圧縮比から最高出力227HP(169kW)/5000rpm、最大トルク420Nm/2000rpmを発揮する。低回転域のきわめて太いトルクが自慢のエンジンと言えそうだ。

 また、静粛性のアップにも配慮し、ウインドウの厚さを4.8mmに増すなどによって、室内への騒音侵入を12%削減した。今回、ディーゼルエンジンの搭載には触れていないが、ガラス厚のアップは、クリーンディーゼル搭載を睨んだものではなかろうか?

 マツダは、今回の生産開始のリリースで、北米での販売価格に触れていないし、日本での販売についてもまったく触れていない。が、3列シートミニバンのMPVが消滅した後、「今年の秋あたりに日本仕様を発表する」のではないか、という観測が業界では多い。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
1度は乗ってみたい憧れのクルマ1位は「BMW」 現代人気車事情
大手自動車8社の15年海外生産、全体で3.8%増
2016年も米国市場頼みの自動車メーカー各社。そこが失速すると何が起きる……?
2015年新車販売、軽失速のなか強いHV。恐るべしトヨタ・ノア3兄弟
15年の米新車販売、過去最高更新。VWは4.8%減

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「自動車・二輪車」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース