2016年1月25日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■業績好調で全体に押された下げからの回復早そう

 サカタのタネ<1377>(東1・売買単位100株)は25日、2日続伸となり、9時30分にかけて5%高の2790円(142円高)まで上げ、1月13日以来の2700円台回復となっている。23日夜から24日にかけて西日本で発生した記録的な降雪を材料に、野菜不足や価格高騰の可能性が出てきたことと関連づけて思惑買いが入ったとの見方が出ている。

 1月12日に発表した第2四半期決算は大幅増益となり、業績は好調。にもかかわらず直近は全体相場の下げに押されてきた面があるため、出直り始めれば回復ピッチは速いようだ。12月に今世紀に入っての(2000年以降の)最高値2909円をつけたばかりだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【今日の言葉】中国が風邪を引けば日米は熱が出るのだろうか(2016/01/07)
【話題】トヨタ3カ月ぶり7000円割る、1月末に大台割れなら月足が悪化(2016/01/07)
【村山貢司の気象&経済歳時記】平成28年の気象は?(2016/01/01)
【この一冊】ホンマにおおきに!岩井コスモ証券100年物語、1月16日に発売(2016/01/01)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース