2014年11月22日 19:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

少額の月額料金を支払うことで、参加Webサイトでの広告を非表示にする実験的サービス「Contributor」をGoogleが開始した(Contributor by GoogleThe Guardianの記事本家/.)。

Contributorで広告が非表示になるのは、Googleの広告プラットフォームを使用する参加サイト。ユーザーは1ドル~3ドルの範囲で月々の貢献額を決め、Googleに支払う。ユーザーが参加サイトを訪問すると、広告の表示される部分がモザイクパターンに置き換えられ、お礼のメッセージが表示される。モバイル向けページに関しては、Webサイト側でモザイクパターンを除去するオプションも用意されているという。

参加サイトにはアクセス数に応じた金額が支払われるとのことで、既にUrban DictionaryやMashable、ScienceDailyといったWebサイトが実験に参加しているが、当面は米国のWebサイトに限られるようだ。また、現在のところ、招待されたユーザーのみ申し込みを受け付けている。

広告を非表示化しながらWebサイトにも貢献できるサービスとなるが、/.Jerは利用したいと思うだろうか。 スラッシュドットのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google | 広告 | インターネット | IT | お金

 関連ストーリー:
YouTubeが有料版を発表、9.99ドル/月 2014年11月14日
新規タブに広告を表示する機能がFirefoxのナイトリービルドに追加される 2014年08月30日
英国のユーザーが広告なしのインターネットを利用するには、年140ポンドの支払いが必要との試算 2014年08月23日
ポップアップ広告の開発者が当時を語る 2014年08月19日
広告で「汚染」されたWebコンテンツ、受け入れられる? 2014年07月21日
米国でインターネットでの広告売り上げがテレビを上回る 2014年04月16日
マウスオーバー広告、代理店が『新しい広告の形』と売り込み、広告主はよく理解しないまま採用 2014年02月24日
広告ブロックツールは生き残れるか? 2014年01月19日
Webブラウザでの広告ブロックが違法になる日は来るのか 2012年11月28日
Adblock Plusの開発者、Webサイトの設定によってユーザーに広告表示を「お願い」できる仕様変更を提唱 2009年05月13日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連する記事

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告