Google、ビットコインのレート表示に対応

2014年7月17日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Google検索がビットコインのレート表示に対応した( CryptCoinsNews)。"1 usd to BTC"といったキーワードで検索すると、ほかの通貨同様、交換レートとチャートが表示される。ただし、言語環境によっては未対応で、日本語環境ではまだ利用できないようだ。

 このニュースを報じた記事では、レートはビットコイン決済サービスを手掛けるCoinbase発表の値ではないかとする観測を紹介している。ちなみにGoogleはビットコインのシンボルとしてBTCを用いているが、同記事によれば、慣習としては国家に属さないものは頭にXをつける(例えば純金はXAU)ことになっていて、実際ISOへはビットコインのシンボルとしてXBTが提案されているのだそうだ。

 なお、こうした動きは特にGoogleが先駆ということでもなく、Bloomberg社は既に今年の春からBitcoin相場の情報配信を開始している

 スラッシュドットのコメントを読む | ITセクション | インターネット | お金

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース