2012年11月30日 18:05

小

中

大

印刷

 東京エレクトロンは30日、11月30日をもってシャープとの合弁契約を解消し、同社との合弁会社である東京エレクトロンPV株式会社を解散したと発表した。

 東京エレクトロンは、2008年2月にシャープとの間において、両社の強みを合わせて太陽電池分野で相乗効果を生み出すことを目的として開発合弁会社である東京エレクトロンPVを設立し、薄膜シリコン太陽電池用プラズマCVD装置の開発に着手した。

 同協業プロジェクトにおいては、量産ライン向けCVD装置を完成させるなど両社にとって一定の成果を得ることができたという。プロジェクト実施期間については当初より5年間と設定しており、今回、シャープとの協業関係を発展的に見直し、合弁会社を解散することとなった。

関連記事

by weblio


「精密機器・半導体」の写真ニュース

精密機器・半導体の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告