若者達が守り、継承していく、530余年の伝統ある神事 愛知県小牧市で12月14日に『福厳寺秋葉大祭』開催

プレスリリース発表元企業:宗教法人 福厳寺

愛知県小牧市の「大叢山福厳寺」では、2014年12月14日(日)に、1476年の創建以来行われている大祭『福厳寺秋葉大祭』を開催致します。
http://akiba-taisai.fukugonji.com/


■530余年の伝統ある神事
『福厳寺秋葉大祭』は、愛知県小牧市にある「福厳寺」にて、530余年つづく伝統ある神事であり、毎年県内外・国外からも多くの方が参拝される壮大な祭りです。
「秋葉三尺坊」の大魔神力にあやかり、「燃え盛る炎」の中を渡ることによって1年の汚れを焼き払い、「祈祷」によって生きていく為の知恵を身につけることで、翌年の無病息災をお祈りします。そんな1年の締めくくりのけじめとなる、神聖な祭りでもあります。

<燃え盛る「火渡り」の様子>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53323/img_53323_3.jpg


■「神社」の復興に取り組む若者たちの挑戦
『福厳寺秋葉大祭』には、若者達が祭りに携わることのできる「青年部」という集まりがあります。
「何かに打ち込みたいけれど、その場所がない。」、「自分に自信がない。」、「自分を変えたい。」そんな若者達が530余年つづく伝統ある神事に関わる事で、責任感や緊張感、そしてプレッシャーを感じながらも、一つひとつ懸命に向き合っていく経験の中で、礼儀を知り、作法を知り、そして自分自身を見つめ直し、成長をしていく。「神事」という価値観や魅力を直に感じ、いまでは大学生から20代の男女を中心に、多くの若者達が祭りに携わっています。
大草の土地を守り、食べ物を守り、人々を守る。そして、自分たちの成長できる特別な場所を守りたいという願いを込め、寺や神社の復興へと想いを馳せ、活動をしています。
『福厳寺秋葉大祭』を一つのキッカケに、神事ということをより身近に感じていただきたいという想いをこめ、価値を見いだし、若者達が懸命に取り組んでいます。
伝統的な神事にある「古くからの想い」。そして、若者達の意欲による「新しい想い」が融合し、伝統ある祭りがさらに加速し、継承し続けています。

<青年部によるFacebookページ>
https://www.facebook.com/akibataisai


■「大祈祷」と「火渡り」と「祭り」の3つの柱
『福厳寺秋葉大祭』は、「大祈祷」「火渡り」「祭り」の3本柱によって構成されます。

【祈:秋葉三尺坊大権現のご加護と知恵を授かる】
「祈祷(きとう)」とは、秋葉神殿にて大般若転読(知恵の教典)を受け、秋葉真言(オンヒラヒラケンヒラケンノンソワカ)を唱えることによって、心の炎(怒りや貪りの心)を沈める冷静な知恵と、秋葉三尺坊のご加護を授かることです。
秋葉神殿での加持祈祷をもって、一年の締めくくりと、新年に向けての新しい決意を心に誓い、より良い人生を送られますよう、ご祈念いたします。

【清:1年のけがれを焼き払う】
ストレスや怒り、欲望が渦巻く現代社会において、私たちの心を「無知、欲望、怒り」の赴くままに放置すれば、家族や仕事や愛する人の信頼を失い、人生を台無しにしてしまう可能性があります。
身を焦がすような炎の中を渡ることによって、火の怖さを体感し、「物理的な火」「心の火(怒りと貪り)」の恐ろしさを知り、1年の汚れを焼き払い、心身を清め、謙虚な姿勢を取り戻します。

【遊:祭りを楽しむ】
・プロの太鼓芸能集団「鼓童」による特別演奏
去年に引き続き、人間国宝の「坂東玉三郎氏」が芸術監督をつとめる、プロの太鼓芸能集団「鼓童(こどう)」が、特設ステージで特別演奏を行います。太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能を、現代へ向けて再創造した「鼓童」は、ノーベル平和賞コンサートや、ワールドカップのオフィシャルコンサートにも出演。世界を魅了する和の音色が、燃え上がる炎とともに大祭を盛り上げます。

・40店舗以上の日本各地の名物「B級グルメ」で賑わいます
北は北海道から、南は鹿児島、そして海外からの出店もある、40店舗以上ものB級グルメ屋台が立ち並び、賑わいます。

三重  :飛騨高山ラーメン、飛騨高山団子、三重豚トロ焼きそば、
     伊勢たい焼き、伊勢甘タレからあげ
岐阜  :岐阜信長ゆかりの味「赤鬼からあげ」
静岡  :富士宮焼きそば、富士山麓ステーキ串、静岡ご当地サイダー、
     浜松餃子
北海道 :北海道とうもろこし
山形  :どんどん焼き
大分  :大分からあげ
博多  :博多ラーメン
鹿児島 :鹿児島県産 黒毛和牛ホルモン焼き
奥三河 :奥三河地鶏焼き鳥
京都  :創作おにぎり
兵庫  :明石たこ焼き
広島  :広島焼き
台湾  :台湾料理
イタリア:本格ナポリピッツァ…etc

その他にも、フリーマーケットや、フォトコンテストなど、参拝者と一体になれるイベントが目白押しです。子供から大人まで、家族で楽しめる祭りです。


■1年の締めくくりに家族と出かけたい祭り
『福厳寺秋葉大祭』は、神殿でご祈祷を受け、火を渡ることによって、旧年中のけがれを落とし、新しい年に「福」と「幸」をもたらす強い運気を呼び込みます。そんな、1年の締めくくりになる祭りでもあります。
また、人間国宝「坂東玉三郎氏」が演出を手がける、太鼓集団「鼓童」による特別演奏をはじめ、各種地元団体による奉納演舞、多数の飲食出店などで、厳粛にして賑わしい祭りとなります。ぜひご近所、ご家族のみなさまをお誘い合わせの上、お出かけ下さい。
子ども達にとっても、大祭の音、色、そのワクワクする雰囲気は、忘れられない思い出になることでしょう。
人とのご縁、神仏とのご縁をきっかけに、皆様がご参拝くださいますことを祈念し、ここに謹んでご案内申し上げます。

<昨年の『福厳寺秋葉大祭』の様子>
http://youtu.be/Qqjy7VOIXQE


■『福厳寺秋葉大祭』の詳細
日程 :12月14日(日) 場所:愛知県小牧市大草5229番 福厳寺内
時間 :大祈祷会 10時~
    イベントステージ&飲食屋台 10時~
    火渡りの儀 17時~
参拝料:300円 祈祷料:5,000円より
駐車場:臨時駐車場約500台 1日300円
ホームページ: http://akiba-taisai.fukugonji.com/
       『福厳寺秋葉大祭』で検索。


■福厳寺の歴史
530余年の歴史を持つ東海地区屈指の禅寺。福厳寺のご開山は盛禅和尚。比叡山にて行を修めた盛禅和尚が、千日回峰業中に倒れた時、夢枕に現れ、啓示をされたのが「秋葉三尺坊大権現」でした。度々行われる啓示に、秋葉三尺坊を守護神と仰いだ盛禅和尚は、福厳寺創建の際、境内に秋葉三尺坊本殿を創建し、静岡の秋葉山より三尺坊を勧請されました。そして、三尺坊の命日であるとされる12月16日に、秋葉大祭が開催されるようになり、現在は参拝者の便を考えて、2月の第2日曜日に開催しています。福厳寺は歴史の中で一度も火事になったことがなく、貴重な文献や歴史的遺産が数多く残っている寺として知られています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース