1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 社会保障(1)

社会保障のニュース一覧

厚生労働省は2018年度より、自営業者らが払う国民健康保険(国保)の保険料について改定を行う。 01/11 11:49

トンチン年金とは周知の通り、17世紀のイタリアの銀行家:ロレンツォ・トンテイ氏が考案した仕組み。 01/09 11:52

安倍晋三総理は元旦にあたり、「未来は変えることができる」とするとともに、安倍内閣として「本年は(昨年の総選挙で示した政策に対して)実行の一年」との2018年年頭所感を発表した。 01/02 22:36

厚労省が高齢者に多い「薬漬け」について、医師や薬剤師に向けて「服用の適正指針案」をまとめたと伝えられた。 01/01 11:27

安倍晋三総理は14日開いた国と地方の協議の場で、さきに閣議決定した「新しい経済政策パッケージ」を紹介するとともに、新年度予算では、財政健全化に取り組みながら、メリハリの利いたものにするとの考えを示した。 12/17 19:02

老齢年金の金額を「不十分」(92.1%)と感じている人は9割を超え、追加で希望する支給額は「100万円」が最多となるなど、老後資金の不足に焦りや不安を感じる人が増加している。

政府が「1億総活躍」のスローガンを掲げ、高齢者と女性への労働促進、社会保障の支え手に回ってもらうためのさまざまな政策を進めるなか、高齢者には生涯現役が求められ始めている。 12/07 17:10

大正製薬の売上高は大雑把に、店頭販売の「一般用医薬品:2」に対し「医療用医薬品:1」。 12/07 15:44

政府が検討している2018年度税制改正における所得税改革案の全容が明らかになった。 12/01 07:27

人口構造の変化によって、人々の生活環境に対する価値観は多様化しつつある。高齢者の希望と社会的課題の解決、これらの両立が急務となっている。

人口減少と少子高齢化にともなう人口構造の変化によって、人々の生活環境に対する価値観は多様化しつつあり、かつての中流層の多くがイメージしていた価値観は現代の感覚にそぐわなくなってきている。 11/20 22:19

「未来カルテ」発行プログラムの無料ダウンロードが開始された。2040年の産業構造や、保育、教育、医療、介護の状況、公共施設・道路、農地などの維持管理可能性など約10分野について、国勢調査や国立社会保障・人口問題研究所の人口予測などの各種統計データを用いて、5年ごとの推移をシミュレーションした結果が掲載される。

JST社会技術研究開発センター(RISTEX)が推進する戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)の「多世代参加型ストックマネジメント手法の普及を通じた地方自治体での持続可能性の確保」において、倉阪秀史 千葉大学 大学院教授らは、「未来カルテ」発行プログラムの無料ダウンロードを開始した。 11/12 08:30

年金等、社会保障制度の外に置かれた非正雇用の低賃金労働者が増加している。彼らの中には年金の滞納に至るケースも目立つ。このまま行けば将来、無年金によって老後破綻する者が急増し、生活保護費の膨張で社会保障費をさらに圧迫する恐れも。

低賃金の非正規雇用の労働者、いわゆるワーキングプアが増大し、それにともない国民年金保険料の未納者も増加している。 11/10 19:46

第4次安倍内閣が1日、発足した。 11/02 19:27

国税庁が今年6月までに実施した1年間での所得税調査で、申告漏れが8884億円に上ったことが分かった。 11/02 10:56

安倍晋三総理は27日の人生100年時代構想会議で「3歳から5歳児の幼稚園、保育園は全面無償化。 10/30 10:44

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告