1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 島ノ内 英久氏 コラム(1)

島ノ内 英久氏 コラムのニュース一覧

事業計画の作成目的をふまえ、事業計画作成メンバーを選びます

事業計画は文字通り事業あるいは会社全体の今後の計画を具体化するわけですので、とても重要な取り組みです。前回(第5回)書きました。 08/25 14:59

事業計画作成スケジュールおよび中間チェック項目

事業計画作成が経営者自身の考えの整理であれば、ご自身のノートやパソコンに事業計画作成の目的を書き出すだけで十分ですが、役員をはじめとする社内の誰かと一緒に事業計画を作成するとすれば、事業計画作成の目的をホワイトボードに書き出しましょう。 07/11 12:36

事業計画作成のコンサルティングのご依頼を受けた時にまず「事業計画作成の目的は何でしょうか?」と必ずお伺いします。

事業計画作成のコンサルティングのご依頼を受けた時にまず「事業計画作成の目的は何でしょうか?」と必ずお伺いします。 06/16 17:12

金融機関はこれら3つを軸に融資の総合判断をしています

金融機関の融資判断においてもう一つ大切なのが、「まともな事業計画」があるかどうか、ということです。なぜなら決算書類は会社の過去しか表しません。会社の将来、つまり今後の売上や原価、減価償却そして利益といった金融機関が知りたいこれらのことを表すのは「事業計画」だからです。 05/11 19:26

金融機関は融資判断において「債務超過でないかどうか」を重要視しています。

前回のコラム第1回で、金融機関の融資判断において「企業が提出する決算書の内、直近決算の損益計算書で、まずは単年度でしっかりと利益が出ているかどうかが大切」ということをお伝えしました。 04/01 17:07

「2008年9月のリーマン・ショック以降、日本経済は低迷が続いている」というフレーズがまだ新聞紙上で散見されるように、引き続き多くの企業が不景気で苦しんでいます。 03/16 17:08

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告