1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■株主還元策 冨士ダイス<6167>は株主還元策として配当を実施している。 01/17 15:26

■中長期の成長戦略 1. 業務効率化 冨士ダイス<6167>はこれまで、顧客に対するきめ細かい受注・生産体制を実行するために、積極的に生産拠点づくりを実行してきたが、国内は物流網の発達による配送時間の短縮化、IT化による情報ネットワークの拡充などから、生産特性を考慮した製品、生産拠点の集約、再構築に着手した。 01/17 15:25

■今後の見通し 1. 2018年3月期の業績見通し 冨士ダイス<6167>の2018年3月期通期の連結業績は、売上高で前期比1.3%増の16,868百万円、営業利益で同4.4%減の1,110百万円、経常利益で同1.6%増の1,214百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同5.2%増の900百万円と増収経常増益の見通しである。 01/17 15:24

■業績動向 1. 2018年3月期第1四半期の業績概要 冨士ダイス<6167>の2018年3月期第1四半期は売上高4,251百万円(前年同期比7.0%増)、営業利益371百万円(同111.2%増)、経常利益366百万円(同115.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益267百万円(同205.3%増)と伸長した。 01/17 15:23

■会社概要 1. 会社沿革並びに事業概要 冨士ダイス<6167>は超硬合金を用いた高精度の耐摩耗工具・金型の製造販売を主たる事業として展開し、国内超硬耐摩耗工具専業として長期にわたりトップシェアを堅持してきた。 01/17 15:22

■要約 冨士ダイス<6167>は、1949年に創業し、超硬耐摩耗工具業界では長期にわたりトップシェアを堅持、現在のシェアは31.4%を誇る。 01/17 15:21

■株主還元策 APAMAN<8889>は株主還元策として配当と株主優待を実施している。 01/17 15:14

■今後の見通し 3. 主要事業の取り組みについて (1) 斡旋事業 斡旋事業に関しては引き続き店舗当たりの収益力回復を最優先に取り組んでいく方針で、店舗数拡大については次のステップとして考えている。 01/17 15:13

■今後の見通し 2. 2018年9月期の業績見通し APAMAN<8889>の2018年9月期の連結業績は、売上高が前期比0.6%増の40,500百万円、営業利益が同1.7%増の2,600百万円、経常利益が同4.1%増の2,100百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同横ばいの1,300百万円とほぼ前期並みの水準を計画している。 01/17 15:12

■今後の見通し 1. 会社名、ブランド名、事業セグメント区分を変更 ここ最近、クラウドサービスやAI技術等の先端テクノロジーを駆使したサービスの普及が様々な業界で進んでいるが、IT化が遅れていた不動産業界においてもようやくこうした先進的なサービスを導入する動きが広がり、同サービスの良否が企業の成長力の差別化要因となり始めている。 01/17 15:11

■業績動向 3. 財務状況と経営指標 APAMAN<8889>の2017年9月期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比1,355百万円増加の43,646百万円となった。 01/17 15:10

■APAMAN<8889>の業績動向 2. 事業セグメント別動向 (1) 斡旋事業 斡旋事業の売上高は前期比5.3%増の12,059百万円、営業利益は同4.0%減の1,841百万円となった。 01/17 15:09

■業績動向 1. 2017年9月期の業績概要 APAMAN<8889>の2017年9月期の連結業績は、売上高が前期比7.7%増の40,262百万円、営業利益が同2.7%増の2,556百万円、経常利益が同2.3%減の2,017百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同21.4%減の1,300百万円となった。 01/17 15:08

■事業概要 APAMAN<8889>の事業セグメントは斡旋事業、PM事業、PI・ファンド事業及びその他事業の4つのセグメントに分けて開示している(2018年9月期以降は新セグメントに変更)。 01/17 15:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告