1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■株主還元策 アーバネットコーポレーション<3242>の剰余金配当は、配当性向35%(税効果会計による影響を除く)を目標としている。 09/26 15:41

■今後の方向性と進捗 アーバネットコーポレーション<3242>の成長戦略は、既存事業の拡大を軸としつつ、ストックビジネス(自社保有の賃貸収益物件やホテル事業など)や子会社によるBtoC事業(マンション管理及び賃貸事業等)の強化により、事業ポートフォリオの拡充と財務基盤の安定化を図るものである。 09/26 15:40

■業績見通し 2. 来期以降の業績の考え方 アーバネットコーポレーション<3242>は、来期(2019年6月期)以降の具体的な数値目標を公表していない。 09/26 15:39

■業績見通し 1. 2018年6月期の業績予想 2018年6月期の業績予想についてアーバネットコーポレーション<3242>は、売上高を前期比10.1%減の16,000百万円、営業利益を同38.0%減の1,500百万円、経常利益を同42.1%減の1,250百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同42.0%減の850百万円と減収減益を見込んでいる。 09/26 15:38

■業績動向 2. 2017年6月期決算の概要 アーバネットコーポレーション<3242>の2017年6月期の業績は、売上高が前期比0.5%増の17,788百万円、営業利益が同20.6%増の2,419百万円、経常利益が同25.5%増の2,158百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同28.6%増の1,465百万円と微増収ながら大幅な増益を実現した。 09/26 15:37

■アーバネットコーポレーション<3242>の業績動向 1. 過去の業績推移 過去の業績推移を振り返ると、主力である投資用ワンルームマンションにおける販売戸数の拡大が同社の業績をけん引してきた。 09/26 15:36

■業界環境 アーバネットコーポレーション<3242>の基軸事業である都内の投資用ワンルームは、入居者及び投資家双方の堅調な需要に支えられて好調に推移している。 09/26 15:35

■会社概要 3. 企業特長 アーバネットコーポレーション<3242>の特長(強み)として、(1)優れたデザイン性や機能性、好立地へのこだわりによる差別化、(2)少数精鋭による固定費を圧縮した効率的な経営を挙げることができる。 09/26 15:34

■会社概要 2. 会社沿革 アーバネットコーポレーション<3242>は、一級建築士である現代表取締役社長の服部信治(はっとりしんじ)氏によって1997年7月に設立された。 09/26 15:33

■会社概要 1. 事業概要 アーバネットコーポレーション<3242>は、東京23 区内を基盤として投資用ワンルームの開発・1棟販売(卸売:BtoB)を基軸事業としている。 09/26 15:32

*15:31JST アーバネット Research Memo(1):足元の業績は好調に推移。 09/26 15:31

■情報セキュリティについて 顧客の個人情報の保護について伊藤忠エネクス<8133>は、独自に「個人情報保護ポリシー」を定め、組織体制の構築、施策の実施・維持およびそれらの継続的な改善に取り組んでいる。 09/26 15:21

■株主還元 伊藤忠エネクス<8133>は株主還元については配当によることを基本とし、その水準については配当性向30%を指針としている。 09/26 15:20

*15:19JST エネクス Research Memo(9):今通期見通しは期初予想を維持。 09/26 15:19

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告