1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ(1)

環境・エコのニュース一覧

rss
水中浮遊式海流発電システムの海中での設置イメージ。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構、IHI共同発表資料より)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とIHI社は、新たな再生エネルギー技術である水中浮遊式海流発電システムの100kW級実証機「かいりゅう」を完成させ、この夏より鹿児島県沖にて世界初となる100kW級での実証実験を開始する。 07/09 10:37

カリフォルニア州は、太陽エネルギーの申し子とも言える存在だ。 07/06 11:13

2012年7月1日に日本において再生可能エネルギーの全量買い取り制度がスタートして5年が経過したのを機に、報道各社が現状をリポートしている。 07/04 08:13

東京都が、7月10日より白熱電球をLED電球に無料で交換できるキャンペーンを開始する(NHK)。 06/28 20:18

日本経済団体連合会の榊原定征会長は4日までの記者会見で、米国のトランプ大統領がパリ協定脱退を表明したことについて「パリ協定はすべての国が地球温暖化対策に取り組むことを約束した歴史的な国際枠組みだ」とし「脱退表明は協定の前提を崩すもので、誠に残念」と語った。 06/05 07:14

豊田市で実施する電力の地産地消を目指す「バーチャルパワープラントプロジェクト」の概念図

家庭や企業の需要をマネジメントし、再生可能エネルギーの地産地消の実現性を検証する目的で、中部電力、デンソー、トヨタ自動車、およびトヨタタービンアンドシステムの4社は、環境モデル都市である豊田市(市長:太田稔彦氏)と共同で、新たなプロジェクトをスタートさせたとリリースで発表した。 06/03 18:45

東京電力エナジーパートナーが水力発電100%の電気を販売する家庭向け料金プラン「アクアエナジー100」の受付を開始した(家電Watch)。 06/02 19:32

中国で、「空気清浄機付き自転車」の開発が進められているそうだ(INTERNET.COM)。 05/31 16:47

中国・安徽省で、世界最大という水上設置型の太陽光発電施設が完成したそうだ(GIGAZINE)。 05/31 12:06

画像はイメージです。

機械メーカー・テクノシステム社は、牛糞のメタンガスを活用したバイオマス事業に乗り出す。 05/29 19:42

燃料電池は、燃料の化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換することが可能であり、燃料電池の中でも特に発電効率が高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)は、高効率発電技術として注目されている。 05/28 18:45

米国が地球温暖化対策の国際協定である「パリ協定」から脱退するかどうかについて注目が集まっている。 05/23 11:42

ホンダ製燃料電池車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」をタクシーとして運用する。カラーリングが楽しみだ

ホンダが発売する燃料電池車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」をタクシーとして供用する。 05/20 12:16

節電のため、夏場のエアコンの温度設定を28℃にしようという呼びかけがある。 05/15 16:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告