トヨタ「プリウスPHV」、サポカーS「ワイド」の特別仕様車を設定

2017年12月31日 20:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

プリウスPHV 特別仕様車、S“Safety Plus”、価格は332万5320円

プリウスPHV 特別仕様車、S“Safety Plus”、価格は332万5320円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは、プリウスPHVに特別仕様車 S“Safety Plus”、S“ナビパッケージ・Safety Plus”、A“Utility Plus”を設定し、全国の正規ディーラーで、2018年1月8日から発売すると発表した。

 今回発売する特別仕様車は先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を特別装備し、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」とあわせ、セーフティ・サポートカーS(通称サポカーS)の「ワイド」に相当するクルマだ。

 特別仕様車 S“Safety Plus”、S“ナビパッケージ・Safety Plus”は「S」をベースに、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突事故軽減ための先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」、スイッチを押すだけで駐車スペースを判断し駐車のアシストを行なう「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を特別装備した。

 加えて、S“Safety Plus”は、外出先でも短時間で充電可能な急速充電インレット、後退時にバックカメラによる後方映像の画面表示を可能にするナビレディセットを特別装備した。

 S“ナビパッケージ・Safety Plus”は、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付)、ETC2.0ユニットを特別装備し、それぞれ利便性を高めた。

 特別仕様車 A“Utility Plus”は「インテリジェントクリアランスソナー」、「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備した「A」をベースに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付)、ETC2.0ユニットを特別装備する。

 また、すべての特別仕様車において、ステアリングとシフトパネルをブラック加飾することで、上質な室内空間とした。価格は、S“Safety Plus”の332万5320円からA“Utility Plus”の382万9680円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、電池に1.5兆円投資。2025年「エンジンだけ車両ゼロ」計画
ホンダ、デトロイトショーでハイブリッド「新型インサイト」世界初公開
トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業の協業検討を正式発表
火力発電×EVは、決して“クリーン”じゃない。内燃機関は、“まだ死せず”
トヨタ、第1世代「安全運転支援システム」搭載が一巡、第2世代にアップデート

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車プラグインハイブリッドプリウス

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース