イーロン・マスク、Teslaが独自のAIチップ開発していることを明らかに

2017年12月11日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

イーロン・マスク氏が7日、Teslaで独自のAIチップを開発していることを明らかにしたそうだ(The Registerの記事CNBCの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

この発言は機械学習カンファレンスNIPSに合わせてTeslaが開催したパーティーで飛び出したものだ。パーティー出席者の証言によると、マスク氏はTeslaがソフトウェア・ハードウェアの両面でAIに真剣に取り組んでいると述べ、カスタムAIチップを開発中であることを明らかにしたとのこと。マスク氏は計画の詳細を明らかにしなかったが、AMDやAppleで各種チップのリードアーキテクトを務め、昨年Teslaに加わったジム・ケラー氏が開発に当たっているという。

また、マスク氏は自身がAIの危険性叫んでばかりいると思われていることを認めたうえで、AIが人類を支配するのではなく有益な存在になる道がいくつもあると述べたとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 人工知能 | 交通

 関連ストーリー:
AIは人類に代わりに地球の支配者になるのか? 2017年08月18日
「AIは人類を滅ぼす脅威となるか否か」、ビリオネアの意見対立 2017年07月28日
AIに仕事を奪われないためには「脳とコンピューターの直結」が必要? 2017年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleテスラモーターズイーロン・マスク

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース