Google、ユーザーの合意なく個人情報収集のAndroidアプリに警告表示へ

2017年12月7日 17:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Googleは1日、「望ましくないソフトウェアのポリシー」の適用対象を拡大し、ユーザーの合意なく個人情報や端末情報を収集するAndroidアプリで警告を表示する計画を発表した(Google Security Blog9to5GoogleRegisterBetaNews)。

 アプリがユーザーの個人情報や端末情報を扱う場合、アプリ内でのユーザーへの通知とプライバシーポリシーの提供が必要となる。さらに、アプリの機能と関連しないデータを収集・送信する場合は事前に使用目的を明示し、合意を得ることも必要だ。データ収集の要件はアプリの全機能に適用され、たとえばクラッシュリポート送信時にアプリと無関係なインストール済みパッケージのリストを含める、といった場合にも使用目的を明示して合意を得る必要があるとのこと。

 これらの要件はGoogle Play以外で配布されるアプリにも適用され、違反アプリでは今後60日以内にGoogle Play Protectまたはアプリを配布するWebページで警告が表示されるようになる。違反アプリによる警告の問題を解決するための情報を得るには、Search Console(要ログイン)やSearch Consoleヘルプを参照するといいだろう。また、アプリ開発者は「アプリの確認と異議申し立て」により、Google Playで配布するアプリだけでなく、Google Play以外で配布するアプリの確認を要求することも可能だ。このほか、Google Playで配布するアプリのユーザーデータに関するポリシーはDeveloper Policy Centerで確認できる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | デベロッパー | Android | プライバシ

 関連ストーリー:
Androidアプリの7割以上がなんらかの形でプライバシに関わる情報を送信している 2017年06月21日
Google Play、可聴域外の音声ビーコンをユーザーに無断で使用するアプリを公開停止 2017年05月30日
Google、13歳未満の子供によるデバイスの使用状況を保護者が管理できるアプリを発表 2017年03月19日
米連邦取引委員会、音声ビーコンでユーザーを追跡する機能のSDKを組み込んだアプリの開発者に警告 2016年03月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidGoogle Play

「グーグル(Google)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース