リチウムイオン電池の性能を大きく向上させるグラフェンボール、Samsungが生成

2017年12月6日 21:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 SamsungのAdvanced Institute of Technologyが、リチウムイオン電池の性能を向上させることができる「グラフェンボール」という物質の生成に成功したそうだ(GIGAZINENature Communications掲載論文Digital TrendsSlashdot)。

 グラフェンボールは、グラフェンを階層的に3次元構造にしたもので、これを使ってリチウムイオン電池のセルをコーティングすることで容量を45%も向上でき、また充電速度は5倍になるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
ジャイロイド構造のグラフェン、鉄の4.6%の密度で強度は10倍 2017年01月08日
発火しないリチウムイオン電池が開発される 2016年01月21日
ナノサイズのチェーン状になったダイヤモンド「Diamond Nanothread」 2015年12月03日
「五角形グラフェン」の可能性 2015年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsungリチウムイオン電池

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース