ネスレ、銀座で終電まで手土産購入できる「キットカット」屋台をオープン

2017年12月6日 16:00

小

中

大

印刷

「キットカット ショコラトリー 屋台」(写真: 日本ネスレの発表資料より)

「キットカット ショコラトリー 屋台」(写真: 日本ネスレの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ネスレ日本は、12月11日〜17日の1週間限定で最終電車の時間まで購入ができる「キットカットショコラトリー屋台」を銀座コリドー街にオープンする。

【こちらも】ネスレ、コーヒーで離れた家族とつながる「ネスカフェ コネクト」開始

 販売される商品は世界的に著名なパティシエ高木康政氏監修のもと、素材や製法にこだわった「プレミアムキットカット」となっている。

 同氏は、著名な名店である成城「マルメゾン」や銀座「ホテル西洋銀座」に勤務、その後フランスに渡り、「アンフィクレス」や「ジョルジュベルニュ」などの世界的な名店で修行を経験している。

 そして、1992年には世界的権威があるコンクール「ガストロノミック・アルバジョン」において日本人最年少で優勝した実績をもつ。

 今回の販売は、この高木康政氏が監修したチョコレートを師走の時期、仕事や忘年会で忙しく、また帰宅が遅くなるビジネスパーソンが、家族やパートナーに日頃の感謝の気持ちを伝える機会を創出・応援するため、終電時間までお土産が購入できる店舗をコンセプトに行うもの。

 また、外装も店名に屋台が付くだけあって、赤提灯と赤のれんと言う作りになっており、思わずビジネスパーソンを惹きつける。

 商品包装も昔ながらの「寿司折」をイメージさせるパッケージとなっており、人差し指と親指で提げながら帰宅した際に家族に渡し、受け取った家族はその中身がまさかの「キットカット」であると言う「サプライズ」も演出できる。受験生を持つ家族にはうってつけのプレゼントになるかもしれない。

 購入時には、その場で記入できるメッセージカードを同装可能なため、日頃の感謝の気持ちや応援メッセージを伝える暖かいサービスも行える。

 商品は「寿司折ギフトセット」(3本入り、税込1,000円)、「サプリムメッセージ」(3本入り、1,620円)のほか、「キットカットショコラトリー」の定番商品も販売する。

■キットカットショコラトリー屋台
 住所:東京都中央区銀座7-2-17 駐車場の一角
 営業時間:11時〜翌午前1時(12月11日のオープン初日は18時オープン、最終日の12月17日は19時クローズ)

関連キーワード東京都コーヒー銀座チョコレートネスレキットカット

「グルメ・食品」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース