マツダ、植物由来のバイオエンプラ開発 CO2排出量やVOC削減目指す

2017年12月5日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

マツダは、自動車の大型外装部品に使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダ CX-5」のフロントグリルに採用した

マツダは、自動車の大型外装部品に使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダ CX-5」のフロントグリルに採用した[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは、自動車の大型外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダCX-5」のフロントグリルに採用する、とを発表した。この結果、今後、環境に優しいバイオエンプラをより広い範囲の自動車の内外装部品に使用可能となる。

【こちらも】マツダ「CX-5」、世界的な人気に応え生産体制を増強

 植物由来の原料を使用するバイオエンプラは、石油資源の使用量やCO2排出量の削減に貢献する材料であり、深みのある色合いや鏡面のような平滑感を無塗装の材料着色で実現し、有害なVOC(揮発性有機化合物/Volatile Organic Compounds)を削減しつつ、高い質感や意匠性が要求される自動車外装部品としても使用できる。

 今回、自動車のフロントグリルのような複雑な形状の大型外装部品にも対応できるよう、材料の開発と金型仕様の最適化を実施し、成形性を大幅に向上させたという。

 なお、このバイオエンプラを採用したフロントグリルをはじめ、ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」などに代表される塗装技術など、マツダの環境に関する取り組みについて、12月7日から東京ビッグサイトで開催される、アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」に展示する。

 バイオエンプラは、2015年に「ロードスター」の内装意匠部品にマツダ車として初めて採用して以来、これまでに「CX-9」や「アクセラ」、「デミオ」にも採用し、「ロードスター RF」の外装意匠部品などにも採用しています。このバイオエンプラを採用したフロントグリルは、「マツダ CX-5」以降、順次採用を拡大する予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
レクサス、基幹SUVのRXに3列シート仕様のロングバージョン公開
マツダ、2.5リッターターボ搭載の新型「マツダ・アテンザ」、米で初公開
マツダ、「ロードスター」をマイナーチェンジ、同時に特別仕様車「RED TOP」発表
2017年10月、軽自動車好調、登録車販売低迷。一連の問題で日産車急落
マツダ「デミオ」全車「i-ACTIVSENSE」標準搭載、同時に特別仕様車追加

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダロードスターCX-5デミオアクセラ

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース